アプリマーケティング研究所

アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。

アプリマーケティング研究所

アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。

    マガジン

    • 月刊アプリマーケティング

      スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

    • #マーケティング 記事まとめ

      • 1,070本

      #マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。

    リンク

    記事一覧

    この記事は
    マガジンの購入者だけが読めます。

    失敗ユーザーに「励ましコメント」で継続率を7%改善した学習アプリ、YouTube動画を130万件分析してわかった検索上位動画の傾向…

    この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

    この記事は
    マガジンの購入者だけが読めます。

    Googleの機械学習データを応用した世界で人気のAIアプリ、月1億円を稼ぐ「診断アプリ」の暗黒ビジネスモデルなど、気になったア…

    この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

    スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性

    最近「暇という感覚」が細分化していて、なんとなく「耳が暇」という感覚ってありませんか? ということについて書いてみました。 目次: ・「暇な感覚」がどんどん拡張し…

    タップル 53億円、Pairs 44億円。マッチングアプリ売上ランキング2018(国内)

    国内マッチングアプリ(デートアプリ)の売上ランキングを、調査ツールの「モバイルインデックス」が出していたので、簡単にメモしておきます。 マッチングアプリ売上ラン…

    ネットで検索できない「おばあちゃんの服」に魅力を感じた20代女子の話。スマホでいつでも買い直せる時代だから「ひとつしかない…

    たまたま見つけた「おばあちゃんの服」に価値を感じたという、23歳の服好きの女性にインタビューしました。 目次: ・「ネットで探せない服」に魅力を感じた20代女子 ・現…

    この記事は
    マガジンの購入者だけが読めます。

    YouTubeやインスタで「年100万円稼ぐ人」の米国での比率、ゲームアプリ市場の成長率40%の国など、気になったモバイル系データま…

    この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

    スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性

    スマホ普及による「暇な感覚の拡張」目や耳が空いてると暇に思える感覚と、コンテンツの多重消費による音声コンテンツの可能性

    最近「暇という感覚」が細分化していて、なんとなく「耳が暇」という感覚ってありませんか? ということについて書いてみました。

    目次:
    ・「暇な感覚」がどんどん拡張している説
    ・「お風呂に入ってる時間は暇である」という感覚
    ・テレビの前で起こる「目と耳のコンテンツ戦争」
    ・スマホで浸透していく「コンテンツの多重消費」
    ・移動中は「動画を音で聴く」動画の耳消費

    ※全体を正確に調べたものではありません

    もっとみる
    タップル 53億円、Pairs 44億円。マッチングアプリ売上ランキング2018(国内)

    タップル 53億円、Pairs 44億円。マッチングアプリ売上ランキング2018(国内)

    国内マッチングアプリ(デートアプリ)の売上ランキングを、調査ツールの「モバイルインデックス」が出していたので、簡単にメモしておきます。

    マッチングアプリ売上ランキング 2018(国内)1位:タップル誕生(53.5億円)
    2位:Pairs(44.1億円)
    3位:ハッピーメール(21.1億円)
    4位:Tinder(17.6億円)
    5位:Omiai(17.5億円)
    6位:with(10.3億円)
    7位

    もっとみる
    ネットで検索できない「おばあちゃんの服」に魅力を感じた20代女子の話。スマホでいつでも買い直せる時代だから「ひとつしかないこと」に価値を感じてしまう。

    ネットで検索できない「おばあちゃんの服」に魅力を感じた20代女子の話。スマホでいつでも買い直せる時代だから「ひとつしかないこと」に価値を感じてしまう。

    たまたま見つけた「おばあちゃんの服」に価値を感じたという、23歳の服好きの女性にインタビューしました。

    目次:
    ・「ネットで探せない服」に魅力を感じた20代女子
    ・現代は毎年服を買い換えて「トレンドを着ている」
    ・インスタで他人がフォローしてたらフォローしたくない気持ち
    ・メルカリと通販の感覚の違い「今しか買えない、いま決める」
    ・「自分のためのブランド」に面白さを感じるようになる説

    ※このシ

    もっとみる