新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

700万人がつかうWeb招待状サービスの「Weddingday」が語る、招待ループが連鎖してユーザーが急増した話、完全無料化で「売上が2倍」になったモデル転換の事例

700万人が利用する、Web招待状サービス「Weddingday」を取材しました。

画像1

※ 株式会社canonica 代表取締役 共同創業者 千田 弘和さん(左) 安田 直矢さん(右)、デザイナー 河上 洋子さん(中央)

「Weddingday」について教えてください。

千田:
結婚式のWeb招待状サービスです。年間3万組のカップルに使われていて、ゲスト利用者は計700万人(出席/欠席と答えた人)を超えています

ゲストの出欠の管理や、ご祝儀をオンラインで集められる機能もあります。現在は完全無料でサービスを提供しています。

画像2

どのようにサービスが広がっていったのか?

画像18

画像18

画像15

weddingdayのmidashi01

サービスを運営していて「ここは転換点だった」と思うところがあれば教えてください。

安田:
はじめの数年間は、順調にユーザー数が伸びていったのですが、2019年頃になってきて、だんだん伸び悩みがはじまりました。

まだ「WEB招待状」を送る文化が広まっていないから、一定数以上になると伸びなかったのだと思います。

そこで、はじめは「無料+有料モデル」だったのですが、思い切ってサービスを完全無料化することにしました。

すると収益がなくなるので、二次会の撮影や引き出物サービスと提携して、アフィリエイト的に収益を得られるようにもしました。

この決断は良い方向に転んで、結果的に売上が2倍に伸びました。

画像5

weddingdayのmidashi02

ほかに「転換点になった出来事」があれば教えてください。

安田:
2020年に入ると、緊急事態宣言などで「結婚式」が減ってしまったことで、新規のユーザー数が9割減になってしまいました。

どうしようと思ったものの、婚礼施設から「Web招待状を使わせてほしい」という問い合わせが増えていることにも気づきました。

なぜかというと、結婚式が延期になると「紙の招待状」だと再送のコストがかかるためです。結婚式の招待状は一通600〜700円かかります。

また、結婚式の受付で列ができると「密」になる。それを回避するために、オンラインでご祝儀を集めたい人も増えていました。

つまり、「Webのほうが良い」という声が大きくなって、婚礼施設さんから僕らに声がかかるようになったんですね。

画像6

なるほど。そこからどうしたのでしょうか。

安田:
そこで、2020年の夏に、婚礼施設に向けてWeddingdayの「法人プラン」をスタートしたのですが、これがとても上手くいきました。

このプランによって、婚礼施設からのユーザー数は毎月200%の成長率になっていて、施設向けの売上も全体の7割くらいになっています。

施設向けの機能を有料提供して、施設さんはWeb招待状をお客さんに売る。僕らはつかわれた分だけ収益がはいる。OEMのようなモデルです。

画像7

どうしてこれまで施設側は「Web招待状」を導入しなかったのでしょうか?

安田:
婚礼施設さんの売上にはならないからです。プランナーさんが「招待状は紙にしましょう」と言うと、そこで話が終わってしまっていた。

なので、施設向けにちゃんと機能を提供して、施設の売上につながるようなプランをつくることが重要でした。

機能としては、ロゴを施設のロゴにカスタマイズできたり。プランナーさんがゲストの情報をWebで管理できるようにしています。

千田:
結婚式が減っているため、ユーザー数の減少はカバーしきれていないですが、このプランで収益面はコロナ前まで回復しましたね。

みんなの感覚もガラッと変わりました。結婚式の招待状は「紙で送る習慣」が強くて、なかなかWebに切り替わらなかったんです。

しかし、コロナ禍でグイッと意識が変わってきた。ユーザーさんの声もそうですし、式場からお声掛けいただく数も全然違ってきました。

weddingdayのmidashi03

Weddingdayの「面白いデータ」があれば教えてください。

安田:
オンラインで集めたご祝儀を、いつでも引き出せる機能があるのですが、50%くらいの方が「式の前」にお金を引き出していることです。

結婚式って、式場にはお金を前払いで払って、当日にゲストからご祝儀を集めて式の費用に充当する、という方も多いと思うんですね。

それが、オンラインのご祝儀だと、事前に集められるため「クラウドファンディング」のように機能して、やりくりの負担が減らせるのかなと。

親に何百万円というお金を借りたり、ブライダルローンを組む必要がなくなるという意味では、役に立っている機能かなと思います。

オンラインご祝儀

Weddingdayで「地域差」のあるデータはありますか?

千田:
オンラインご祝儀と現地当日払いで選べるのですが、オンラインご祝儀の決済率は「東京は50%以上」と高いですね、地方だと1〜2割です

あとは、名古屋は「結婚式を豪華に行う地域」と言われていますが、オンラインご祝儀の金額を見てみると、全国平均より8%高くなっています。

東京だと、例えば「港区」で行われる結婚式のオンラインご祝儀は、東京平均よりは5%ほど高かったりします。

----------

【告知】canonicaさんでは採用募集中。サービス開発するWEBエンジニアを探しているそうです。ご興味ある方は下記サイトよりどうぞ。

Weddingday:https://weddingday.jp/
canonica 安田さん(@POMYAS

※ 以降は、マニアックな事例を5つほどnote購読者向けにまとめています。絵文字でインスタのリーチ数が10%増加、招待状の作成完了率30%改善、理由づけの文言で決済率1.5倍に、などご興味あればぜひご覧ください

この続きをみるには

この続き: 1,163文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。次回の取材の募集は【8/5前後】の予定です。ツイートでお知らせします ✍️

また読みにきてください!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。