世界500万人超がつかうバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」が米国で伸びている理由は「VTuberへの憧れ」、時間と品質を絞る「コンテンツ戦略」成功した2つの理由
見出し画像

世界500万人超がつかうバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」が米国で伸びている理由は「VTuberへの憧れ」、時間と品質を絞る「コンテンツ戦略」成功した2つの理由

バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」さんを取材しました。

画像1

※ REALITY株式会社 代表取締役社長 DJ RIOさん

REALITYについて教えてください。

DJ RIO:
スマホ1台で好きな姿に変身できる、バーチャルライブ配信アプリです。

ユーザー数でいうと、App Annie調べで世界500万人を超えています。また、この1年でアクティブ配信者数は「約6倍」に伸びています(前年同期比)

アクティブユーザーの滞在時間は「1日あたり平均170分」、視聴者の数に対する配信者率は「38%」となっています。

画像4

20211004_Slide_A2のコピー

REALITYは「海外のユーザー」も多いそうですが、海外のユーザー比率はどれくらいですか?

DJ RIO:
海外比率は90%ほどです。地域セグメント別だと、北米(米国・カナダ)、APAC(アジア)、欧州、中南米、日本という順に多いですね。

ただ、これまで「海外でユーザーを増やそう」と思って、特別にやったことってないんですよ。アプリも英語への対応を最低限しているだけ。

なので、グローバルでの成長は視野には入れていたものの、ここまで急成長するというのは、正直なところ驚きでした。

画像26

画像23

なぜここまで「北米など」で伸びているのでしょうか?

DJ RIO:
文化的な下地としては、日本の「アニメ漫画文化」の裾野が、配信サービスの影響などで、北米ですごい勢いで広がっています。

そして、いま北米ではVTuberが人気になっていて、「VTuberのファン」が急えると、今度は「自分もやってみたい」と考える人が増えます。

そういう人たちが、REALITYにたどり着いて、アバターで配信するケースがすごく増えているんですよね。

REALITYのアンケートでも、「VTuberを知ってますか?」と聞くと、ホロライブなどは人気がありますし、アニメ好きのユーザーも多いです。

そもそも、スマホ1台でアバターをつくって、ライブ配信まで出来るサービスというのは、世界的に見てもまずないんですよ。

だからこそ、そこのニーズに応えられているのかなと。

画像6

VTuberになりたい人

他に海外では「どんなユーザー」に支持されていますか?

DJ RIO:
あと属性としては、セクシャルマイノリティ系のユーザーさんも多いです。プロフィールにそのように記載されている方も多いですね。

アバターだと「見た目」から解放されるので、生まれ持った肉体に対して、不自由さや制約を感じていた人が、使ってくれているのかなと。

それから「顔出し」をしたくない方も多いです。Twitch等で配信している、顔を出したくない配信者って、海外にもたくさんいて。

そういう方って、声だけで配信するのですけど、それだと伸びにくいということで、REALITYで配信してくれるのだと思います。

画像21

画像24

REALITYを日本で立ち上げたときに「これはうまくいった」という施策があれば教えてください。

DJ RIO:
REALITYで、立ち上げ初期にうまくいったのは、提供コンテンツをあえて絞るという戦略でした。これで「最初の20万人」を集めることができた。

REALITYって、はじめの2ヶ月ほどは、有名なVTuberが出る「公式番組」が見られるだけの、アプリだったんですよ。

なので、夜だけ「1時間くらいの番組」があって、残り23時間はコンテンツが何もない、という状態でした。

そして2ヶ月後から、アバター配信の機能がでて、それも運営が予め選んだ人だけが、「18時〜24時」にしか配信できないようにしました。

つまりコンテンツを、自社のオフィシャル番組から、クローズドなユーザー配信に、そして一般ユーザーへと、徐々に解放していったんですよ。

画像16

コンテンツの「時間と品質」を絞ると、どんなメリットがあるのでしょうか?

DJ RIO:
ひとつは「盛り上がってる感」を生み出せることです。

特定の時間だけに絞って、コンテンツ提供する設計にすると、見にきてくれたユーザーさんの人口密度がその時間だけ高いので、「このサービスは盛り上がってる」と感じます。

初期は集客力のあるVTuberが、1日に1時間だけ配信する。でもその1時間に何万人とくれば、見るほうは盛り上がりを感じます。

次のステップとして、こちらで選んだ配信者の方が「18時〜24時だけ」配信するようにすると、そこでも「賑わっている状態」がつくれます。

コミュニケーションサービスって、熱量や盛り上がりが大事なので、意図的に「時間の制限」をしたのが、良かったのだと思います。

画像13

提供時間

なるほど。ほかには「どんなメリット」がありますか?

DJ RIO:
もうひとつは「雰囲気づくり」です。プロの配信者からスタートしたことで「いい雰囲気」をつくることができたと感じます。

画像18

画像18

画像25

REALITYで「こだわっているところ」を教えてください。

DJ RIO:
REALITYのアバターに、どれだけ「自己投影してもらえるか」には、気を配っています。アバターを「自分だと思ってもらう」ということです。

具体的には、アバターが画面に出るときには、顔を大きく見せつつ、スマホが手鏡になるイメージで、常に顔の動きに追随させています。

最初にアプリを起動したときも、アバターがパッと前に出てきて、自分の顔の通りに動くようにしていて。

すると、ユーザーさんは「あっ、動くんだ」とそこで気づきます。そこからアバターのカスタマイズに入っていきます。

また、アバターも服を着替えたら、ちゃんと「自撮り」してアイコンに設定されるようにもしています。

画像14

アバターの自己投影度にマイナス影響が出る、「やってはいけないこと」というのはありますか?

DJ RIO:
これは「勝手に動かさないこと」ですね。アバターが勝手にくるっとジャンプしたり、ウィンクしたりすると、自己投影感を下げてしまいます。

なぜなら「自分ではない動き」をした瞬間に、アバターのことを人形のように感じてしまうからです。「これは自分だ」と思えなくなるんです。

逆に、目の前にアバターがいて、自分と同時に動くと「これは自分なんだ」という感覚が、本当にだんだん強くなってくるんですよ。

そのためREALITYでは、アバターを見れば見るほど「これは自分だ」という気持ちが深まるような設計にしています。

画像15

画像26

REALITYの運営で「印象的だったこと」を教えてください。

DJ RIO:
僕たちは、REALITYを「メタバース」、言ってみれば「もうひとつの現実」として運営しているのですけど、それを体感した瞬間があって。

ひとつは、2020年に「花火大会」を開催したことです。REALITY内で「この時間に、夜空に花火を上げます」というイベントをやったんですね。

去年って花火大会が、軒並み中止になったじゃないですか。だから現実で花火を見にいけなかった、ユーザーさんのために花火大会をやろうと。

スクリーンショット 2021-10-04 14.23.10

なるほど。すると、どうなったのでしょうか?

DJ RIO:
何が起きたかというと、まずみんな配信で相談をはじめるんです。「花火大会があるらしい。」「その時間いける?誰と行こうか?」みたいに。

そして、浴衣のアイテムも出していたので、「花火大会といえば浴衣だね」ということで、みんなアバターを浴衣でお揃いにする。

当日は、待ち合わせて花火を見る。花火が上がると「綺麗だね」とみんなで夜空を眺めて、最後は「記念写真」を撮ってSNSにアップする。

この一連の「もうひとつの現実感」がすごくって。僕たち運営チームもそれを見ていてすごく感動しました。

画像21

他には「印象的だったユーザーの話」はありますか?

DJ RIO:
ユーザーさん同士が、REALITYで仲良くなって付き合って、結婚するときに「結婚発表の配信」をしてくれる方がいたことです。

お互いの友達に配信に集まってもらい、みんなでドレスを着てお祝いする、もはや「バーチャル結婚式」みたいな感じですね。笑

当人たちに聞いてみると、通常のSNSと比べても「生声」でしゃべるから、やっぱり距離感が近くなるそうなんですよね。

コラボ配信だと、お互いアバターで同じ空間で、おしゃべりしながら配信するので、「人と人との関係性」を急速に深める効果があるんだなと。

おもしろいですね、他にはどうでしょうか。

DJ RIO:
あとは、clusterというVRプラットフォームと連携して、REALITYのアバターをclusterにそのまま持っていけるようにしたんですよ。

すると、REALITYの友達同士で、カラオケボックスに集まったり、お出かけする人が出てきました。これもメタバース感がありましたね。

画像12

-----

【取材協力】
REALITY株式会社:https://reality.inc/
REALITY:https://reality.app/
DJ RIOさん:@djrio_vr

【告知】REALITYさんでは採用も募集中。エンジニア、コミュニティマネージャー、プロダクトマネージャー、マーケターなど募集しているそうです。ご興味ある方は下記サイトよりどうぞ。

※ 以降は、マニアックな事例を3つほどnote 購読者向けにまとめています。REALITYにゲームを入れた影響、どんな指標(KPI)を見て運営してるか?、アバター配信の「距離感」をデザインする、などご興味あればご覧ください

この続きをみるには

この続き: 1,224文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

読んでいただきありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。