周りの視線で「SNSに写真」をあげづらい。旅行好きの20代女性に聞く「あげやすい写真」の話と「これから流行る旅行先」の条件。
見出し画像

周りの視線で「SNSに写真」をあげづらい。旅行好きの20代女性に聞く「あげやすい写真」の話と「これから流行る旅行先」の条件。

2名のスマホユーザーにインタビューしました。

目次:
1、旅行好きの女性に聞く「SNSに写真」があげづらくなっている話
2、肌荒れ分析アプリつかう理由と、信頼性の高い人の意見でコスメ選ぶ話

※このシリーズは定性調査を通じて、ユーザー行動や隠れたニーズを学ぶことを主目的としています。全体を正確に調査したものではありません。

1、旅行好きの20代女性に聞く「写真あげやすいスポット」の特徴と「これから流行る旅行先」の条件

※HAさん (神奈川県 20代 女性)

○ 写真をSNSにあげづらい話

最近とくに「密な写真」ってあげづらいんですよ。人が集まる写真ですね。前なら、飲み会でわーっと集まったら、インスタに写真をあげてました。

でも、今はそういうのもあげづらい。地元の友達に「この状況で何してるの」と思われたり。どこに敵がいるかわからない、漠然とした窮屈さがある。

あげやすい写真は、密度と自然と開放感かな。地下とか密室はあげづらい。窓が多かったりひらけているだけで、不思議とあげやすいです。

カフェで写真を撮ったときも、後ろにギューギュー人がいたり、並んでたりすると、不快に思う人がいるかもしれない。だからあげたくない。

人がいるとあげづらい。家族や親友はまだいいけど、新しく会った人や不特定多数の人がいると「わたしは我慢してるのに」と思われそう。

SNS警察

※ 人によって状況が違ったり、地方か首都圏かでも許容感覚が違うため、それを気にしてSNSに写真を気軽にあげられない、といった話でした。

○ インスタの投稿数が減っていると感じる

ストーリーは投稿されているけど、インスタの投稿は減りました。わたしも友達も。投稿をみると最近はインフルエンサーと広告ばっかり。

前は、1日10〜30投稿はあったけど、最近は2〜3しかない。みんな出掛けてないのか、写真をあげづらいのか、両方だとは思うんですけど。

○ オールインクルーシブのホテルに行った

神奈川に住んでいるので、9月に「Go To トラベル」をつかって、自然の中の「おこもり型のホテル」に泊まりにいきました。

オールインクルーシブで、出歩かなくてもホテルの中で楽しめる場所を、選びましたね。食事から、カラオケに卓球、ドリンクも飲み放題でした。

とくにバイキングは「個別の盛り付け」になっていて。カラフルな野菜バーも映えるし、写真に撮ってあげやすい。

普通ビュッフェって、盛るとぐちゃぐちゃになるし、鍋からわーっと取った感じがします。でもこれなら清潔感ありますよね。

ストーリーにビュッフェの写真をあげたら、「ここどこ?」「おしゃれ!」とか友達から返信がきて、反応もよかったです。

画像3

これから流行る旅行予想 ①「コンパクトな旅行」

コンパクトな旅行は流行りやすいと思う。オールインクルーシブも、自然の中のホテルなら、新幹線で行ってホテルにこもるだけですよね。

普通の旅行は、移動する度にいろんな人に接するじゃないですか。USJと道頓堀食べ歩きみたいな、混み混みの旅行コースはあげづらい。

京都でいうと、清水寺いって二条城いって、有名な箱のティラミス食べて、そういうバスで観光地をぐるっと回るのも抵抗がある。

あとは「Go To」で高級宿は流行ると思う。観光より癒されるラグジュアリーな短期旅行。ホテルでゆっくりみたいな感じ。

私はかなり旅行好きなのですが、いまは海外には行けないので、海外っぽい雰囲気を味わえるホテルも行きたい。星野リゾートみたいな感じの。

画像5

この続きをみるには

この続き: 2,384文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。