見出し画像

地方の主婦が「ながらギャンブル」ソシャゲと競輪の融合風サービス「TIPSTAR」が主婦に広がる理由や楽しさをユーザーに聞く

3名のユーザーにインタビューしました。

目次:
1、地方の主婦がスマホで「ながらギャンブル」している話
2、Googleレンズで「服やスニーカー」を検索して購入する男性の話
3、インスタとYouTube検索で「家を購入するまで」を主婦に聞く

※このシリーズは定性調査を通じて、ユーザー行動や隠れたニーズを学ぶことを主目的としています。全体を正確に調査したものではありません。

1、地方の主婦が「ながらギャンブル」ソシャゲと競輪の融合風サービス「TIPSTAR」が主婦に広がる理由

※ Sさん (沖縄 パート主婦 20代)

○ 「TIPSTAR」について

スマホで競輪できる「TIPSTAR」にハマってます。インスタでお弁当やご飯をのせてる主婦アカウントが、よく紹介していて知りました。

自分のところから「新規登録」されると紹介者にも利益があるみたいで、
主婦アカウントが「ポイ活」みたいな感じで拡散しているんです。

最初に無料で3,000円分のマネーがもらえて、招待されるとお互いガチャが引けるし、運営が大手のmixiだったのでやってみようと。

あと、そもそも「TIPSTAR」は紹介じゃないと入れないんですよ。

画像2

※ 2020年6月30日からmixiが運営している競輪サービス(ブラウザ版のみ。公式サイトによると「アプリ版も近日公開予定」だそう)

○ 配信者の予想に「のっかりベット」できるシステム

3チームの配信者がレースを実況してるのですけど、配信者の予想に乗っかって「のっかりベット」できるんですよ。だから簡単なんです。

インスタでも「みんなわからないと思うけど、のっかりしとけばいいから」みたいに紹介してる人も多かったです。

のっかって予想することも多いので、配信者と同じ気持ちで見られるので、それも楽しいなと思っています。

配信者は「競輪のプロ」じゃないんです。そういう人が、メイク直しとか話しながら、予想してるのがテレビ感覚でとっつきやすい。

画像4

スクリーンショット 2020-09-29 12.52.30

※ 公式サイトのキャッチコピーは「みんなで参戦!のっかりベッティング」ということで、「のっかり×みんなで」は重要そうなワードです。

○ 主婦が「ながらギャンブル」している

自分がかけたレースは、テレビ見ながらとか、料理しながらとか、レンジかけてる間に見ます。そういう時って暇じゃないですか。

レースはずっとやっているので見やすい。夜は23時くらいまでやってたり。朝にかけておくこともできる。

競輪って初めてみたんですけど。長くても6〜7周で終わるしわかりやすい。人数も7人とかしかいない。競馬だと多すぎて当たらなそう。

画像1

写真 2020-09-28 22 36 01

※ レース結果画面のスクショ。配信者の「のっかりベット」以外にも、人気順にソートしてベットすることができたり、何も考えなくても参加できる、間口の広いシステムになっているのがわかります。

○ 「TIPSTAR」が広がる仕組み

主婦とか大学生に広がってる感覚がありますね。もともと、ギャンブルって男の人がやるイメージで、主婦のイメージってないじゃないですか。

でもそれが、スマホで料理中にできる。誰かが紹介していて怪しくない。簡単でわかりやすい。これで広がっているのかなと思いますね。

私が入れたときも「紹介制度」でガチャガチャ回せますよってのをしてて、最低500円分あたるんですよね。だから旦那にも入れさせました。

あと、公式ツイッターでもマネーを配ってるんですよ。ハッシュタグで応援すると「1万名に100円分のマネー当たる」みたいな感じで。

高校生の頃につくった「裏アカウント」を懸賞用アカウントに変えて、それでツイートして応募してますね。

画像3

○ お金がもらえるから感情的にならない

何が面白いかと言われたら、やっぱりお金になること。

ギャンブルは好きじゃなくて、無料で「お小遣いをもらえる」ことに興味を持ちました。運営からもらったお金だし感情的にならずに楽しめる。

あと苦労せずに軍資金が手に入るのは大きいです。マネーがなくなっても、何かすると無料のメダルがもらえるんですね。

無料のメダルもレースにかけられるのですが、それが当たると「お金が当たるガチャ」が引けるポイントが貯まるんですよ。

だから、マネーがなくなっても無料メダルでも遊べるので、なんだかんだ続けてしまいますね。

写真 2020-09-28 21 53 00

※ 「①マネーをかける→お金が当たる」以外にも「②メダルをかける→ガチャポイントが当たる→お金が当たるガチャに挑戦」という無課金でも楽しめる仕組みがあり、無課金でもコツコツとメダルを貯めて、お小遣い稼ぎを狙えるシステムになっています。メダルというのはスマホゲームで言うと「無償石」のような感じで、色々な場面で配布されます。

写真 2020-09-28 21 43 03

※ スマホゲームではお馴染みの「ミッション」をクリアすると、無料メダルがもらえるシステムがあり、無課金プレイでも無料メダルがもらえます。

写真 2020-09-28 21 44 05

※ サービスに不具合がでた場合は「詫びメダル」が配布されることも。友達と同じレースにかける「グループプレイ」するとボーナスが発生したりと、mixiが運営というのも納得の仕組みが色々あります。

この続きをみるには

この続き: 2,242文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
26
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/

こちらでもピックアップされています

月刊アプリマーケティング
月刊アプリマーケティング
  • ¥2,000 / 月
  • 初月無料

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。