見出し画像

ツイートの表示数の80%は「眺めてるだけ」なので、情報量を高めて「タイムラインファースト」で発信すると、パフォーマンスが最適化されやすい説

ツイッター運用について、考えたことをすこし書いてみました。もちろん正解はないと思うので、一意見としてご参考いただけるとありがたいです。

目次:
・タイムラインファースト(タイムラインネイティブ)
・ツイッターにおける「タイムラインの重力」
・8割以上は「タイムライン上で見ているだけ」
・タイムラインネイティブなコンテンツにする
・手描きイラストや漫画は「エンゲージメント率が高い」
・フォロワー数は重要ではないのかもしれない

タイムラインファースト

ツイッターは、タイムラインファースト(タイムラインネイティブ)で運営すると、パフォーマンスを改善しやすいのではと考えています。

※ここでいう改善は、必ずしも「フォロワー数の増加」を意味しません。逆にフォロワー数はそんなに必要ないのではと思っています(後述)

タイムラインファーストというのは、なるべく「ツイートの情報量」を増やすことで、タイムライン上で情報完結するような、タイムラインネイティブなコンテンツをツイートしていく、といったニュアンスです。

フォーマットとしては、文字だけよりも「文字+画像」「文字+動画」のほうが情報量が多いですし、ただツイートするよりも「独自の感想を入れる」や「要約して付加価値をつける」のほうが情報量が多くなります。

タイムラインファーストにも「程度」があって、BuzzFeed KawaiiやWEB漫画のようにタイムライン特化に振り切るケースもあれば、ライブドアニュースヤング日経のように、ハイブリッドのようなケースもあります。

最近よく見かける、連続ツイート形式のコラムや箇条書きツイートなども、ブログ記事として読んでもらうよりも、ツイッター上で広くコンテンツを届けやすくする、タイムラインネイティブなフォーマットだと感じます。

タイムラインにかかる重力

この続きをみるには

この続き: 3,097文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

読んでいただきありがとうございます!
79
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/

こちらでもピックアップされています

月刊アプリマーケティング
月刊アプリマーケティング
  • ¥2,000 / 月
  • 初月無料

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。