Tik Tokの「スロー&倍速撮影」が投稿ハードルを下げ、縦画面が「マネしやすさ」を上げた。ヘビーユーザーに聞いた8つの話。
コマC_seisyo__3_

Tik Tokの「スロー&倍速撮影」が投稿ハードルを下げ、縦画面が「マネしやすさ」を上げた。ヘビーユーザーに聞いた8つの話。

動画アプリの「Tik Tok(ティックトック)」について、TikTokを毎日見ているユーザー(22歳 女性)に聞いた話をまとめました。

目次
1、Tik Tokは「ミュージックビデオ感覚」でみる
2、Tik Tokに慣れるとテレビが遅く感じる
3、Tik Tokの「投稿ハードルを下げる」仕組み
4、Musical.lyとの違いは「おすすめの精度」
5、Tik Tokの投稿者は「中高校生がメイン」
6、Tik Tokは「YouTubeのウザい広告」で話題が広まった
7、Musical.lyには「時代遅れのアプリ」という感覚がある?
8、他人の動画が保存できるためにTikTokで起きている現象。

1、Tik Tokは「ミュージックビデオをみてる」感覚のアプリ(動画と音楽の中間)

Tik Tokは、毎日みていますね。うーん、動画アプリでもあるし…音楽アプリでもあるし、という感じなんですよ。音楽も流れてちょっと楽しくなる。

だから「動画と音楽の中間くらい」というイメージですかね。ミュージックビデオをみている感覚に近いかも。SNSっちゃSNSだけどつながりは浅い。

アプリでたとえるなら「ミクチャのパリピバージョン」みたいな感じかな。笑

 ※ミクチャ=MixChannel(ミックスチャンネル)

画像1

2、Tik Tokのテンポに慣れてしまうと「テレビの展開」がすごく遅く感じる。

あの、わたし的には「YouTubeとTik Tok」は似ていて。これって「テレビの代わりになるもの」的なくくりなんですけど。

それで、最近思うのは「Tik Tok」みたいに、動画がすごく短くて、テンポが良いものをみてると、テレビが遅く感じてくるんですよ。

テレビの30分なんて、展開がおそすぎておそすぎて。全然みてられないというか。どんどん我慢できなくなって、いつのまにか見なくなってる。

テレビはひとつの番組で30分か1時間。YouTubeは「1つ5分くらい」で見られるものが多い、TikTokなんて「1つ10秒」とかでみられます。笑

画像2

3、Tik Tokの「投稿ハードルを低くする」仕組み

わたし気になりすぎて、Tik Tokで動画を撮ってみたんですけど、ほかの動画アプリよりも「動画をつくるハードル」は低いなと思いました。

いままでの、Vineとかミクチャって、動画を撮ってから音をはめていくんですけど、Tik Tokの場合って、音を流しながら動画を撮るんです。

それも、普通の音楽じゃなくて、DJがやるみたいに音楽を切り取って、再生の速度を変えたりしながら、そこに動画を合わせていく。

おもしろいと思ったのは「撮影の速度」を変えられるところ。スローモーションにもできるし10倍速にもできる。

ってことは、ふつうの動きを「超高速で撮る」だけでおもしろい感じになるから、ちょっと一手間加えた動画も、簡単につくりやすいんですよ。

画像3

それと、Tik Tokだとマネがしやすい。YouTubeで「完コピ動画」をあげようとすると、アイドルの踊りをコピーしなきゃいけないじゃないですか。

でも、Tik Tokだと縦画面で撮るので、うつる範囲が「顔と上半身」くらいなんですよね。そうすると、振り付けも片手でできるくらいだしマネしやすい。

これ、音と動きがはまってうまく出来たときは、すごく気持ち良いですし、撮っているときも楽しかったです。

画像4

※動画を撮りながら「撮影スピード」をできることと、縦画面で上半身だけ(顔と手の振り付け)で成立することが、ハードルを下げていると。

4、Tik TokとMusical.lyの違いは「おすすめの精度」

Tik TokとMusical.lyの違いは何かというと・・・

この続きをみるには

この続き: 2,010文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。