メルカリ検索で「石原さとみ」 モノの価値よりヒトの価値で服を買う。20代女子に聞く「ヒトのブランド化」による購買経路の変化
コマA_seisyo__9_

メルカリ検索で「石原さとみ」 モノの価値よりヒトの価値で服を買う。20代女子に聞く「ヒトのブランド化」による購買経路の変化

メルカリで「人の名前を検索」してモノを買うという、スマホユーザーのKTさん(22歳 女性)の話をまとめました。

目次
1、メルカリ検索で「石原さとみ」服を探す心理
2、ファッションの探し方「モノよりヒトの価値」になってる話
3、ドラマで「かわいい服」が出現すると、メルカリが儲かる
4、メルカリは「早く届けてほしい」ときにつかう
5、美容系ユーチューバー「コスメ紹介」の影響力
6、激安コスメが流行ってる理由も「ヒトのブランド化」
7、ユーチューバーが信用できるのは「芸能人じゃなくて友達だから」
8、スマホケースを「人に合わせて」使い分ける理由
9、友達に見せる用の「ファッション彼氏写真」の話

1、メルカリ検索で「石原さとみ」服を探す心理

メルカリで洋服はよく買います。人の名前で検索したりとか。メルカリで「石原さとみ」とかで検索してますよ。

そうすると「石原さとみ着用」の服が出てくるので。これは「このドラマで着てた服です」とか「雑誌の何月号で着てた服です」って意味なんですけど。

そういうのを見ると「あ〜かわいい。わたしも着たい!」ってなって買っちゃう。わたし、石原さとみが大好きなので、そうやってます。笑

そうやって探せば、雑誌とかをひとつずつ追いかけなくても「石原さとみが着てた服」が探せて便利ですよね。

画像1

画像2

※実際にメルカリで「石原さとみ」と検索に入れてみると、いろんなキーワードが出てきておもしろい。主にドラマ名が多い。

2、ファッションの探し方が「モノよりヒトの価値」になってきている話

だから、最近はなんか「その服がどうのこうの」ってよりは、「誰々がつかっているから自分もほしい」ってなること多いですよ。

え、ほんとに。ブランドは気にしないです。周りの子も「このブランドの新作の服が」みたいなのって、そこまでチェックしてない。

それよりも「誰ちゃんが着てたから買う」のほうが絶対に強いと思う。わたしは2年くらい前からそんな感じかも。

画像3

3、ドラマで「かわいい服」が出現すると、メルカリが儲かる理由

ドラマで「かわいい服」を見つけたとき、メルカリから買うこともあります。

たとえば、ちょっと前ですけど「失恋ショコラティエ」っていう、松潤と石原さとみが出てたドラマが、すごい人気だったんですよ。

そのときに、石原さとみが着てた「ワンピース」があって。それがめっちゃかわいかったんですよ。「わたしもあれ着たい」ってなるような。

でも、みんな同じことを考えるから、すぐ売り切れになっちゃって...。

しかも、芸能人がドラマで着てる服って、ちょっと高いんですよ。そのときのワンピースも、たしか定価が4万円くらいだったんですけど。

そういうときは、メルカリで検索するんです。すると、ほかの服のブランドが出している「似たようなワンピース」が出てくるので。笑

石原さとみが着た瞬間に「似てる服」がいっぱい発売されるから、メルカリで「石原さとみ 失恋ショコラティエ」とかで検索すると見つかる。

結局、わたしもメルカリで買ったんですけど、2回着たら満足して「もういいかな」ってなったので、また「石原さとみ着用のやつと同じデザインです」みたいに書いておいて、メルカリで売りました。

そのときは、4,000円で買ったのに、また4,000円くらいで売れましたね。石原さとみ、1月からドラマやるから、またこうなると思いますよ。

画像4

4、メルカリは「早く届けてほしい」ときにつかう

あと、メルカリって「早く届けてくれる」のがいいんですよね。

わたし、大事な予定の直前ギリギリに「このコスメで行きたいな」と思うときがあって。2~3日前くらいだと、普通の通販だと間に合わない。

でも、そういうときメルカリだと「すぐ発送してくれるなら即購入します」って言うと「じゃあ、分かりました」ってお願いきいてくれる。笑

楽天とかで買うときは、そういうお願いできないですよね? 楽天だと早いやつは早いけど、遅いと4~5日かかることもある。

だから「急いでいるときはメルカリで買おう」ってなることがあります。

画像5

5、美容系ユーチューバーが「おすすめコスメ」を紹介すると発生する2つのニーズ

この続きをみるには

この続き: 1,848文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。