見出し画像

メルカリに「梱包と発送のお任せサービス」を入れたら「小さめサイズ」で初出品する人の比率が高くなったワケ。MAU 1,755万人のフリマアプリに「配送方法」が与える影響

国内MAU1,755万人のフリマアプリ「メルカリ」さんにお話を伺いました。ダイジェスト版は漫画でまとめています。

メルカリlogi漫画01n

メルカリlogi漫画02n

メルカリlogi漫画03

・メルカリ川村さん ツイッター(@shun__kawamura
・メルカリ(https://www.mercari.com/jp/

【メルカリさんより告知】川村さんの部署で、プロダクトデザイナーUXデザイナーの採用を募集中とのことで、ご興味ある人はどうぞ。

以下、note購読者向けに、インタビューの「テキスト+図解版」の詳細記事を配信しています。

---------

画像15

※ 株式会社メルカリ Logistics&Transaction , Product Owner 川村 俊輔さん

川村さんが働いている部署について教えてください。

Logistics&Transactionという、メルカリ上での「物流と取引」から市場を拡張していく、30名くらいの部署で働いています。

例えば、簡単に配送できる仕組みを用意することで、メルカリで取引される商品の幅を広げたりする、といった取り組みをしています。

画像16

画像2

「メルカリと発送」のおもしろいデータを教えてください。

メルカリで売った商品の、集荷や梱包をおまかせできる「梱包・発送たのメル便」というサービスを、リリースしたときの話です。

これは小さめの商品から、洗濯機やゴルフクラブまで、ドライバーの方に渡すだけで、梱包・発送してくれるサービスなのですが、

これを公開したところ、「初めて出品した人」の利用が増えて、通常の「らくらくメルカリ便」と比べると、初出品率が約2倍も高くなりました

画像3

なぜ「梱包・発送のおまかせサービス」を出したら、「初めて出品する人」が多くなったんですか?

なぜかというと、もちろん「梱包や発送をしなくて良い」というところに、理由はあったのですけど、

意外だったのが「80サイズ」という、スニーカーくらいのサイズで送る人が多かったんです。想定より「小さいもの」にニーズがあった

一見、小さいものなら「自分で梱包や発送すればいい」とも思えますけど、育児で忙しい主ふの方など、あまり外に行けない方もいます。

そうした方にとっては、小さなサイズでも「梱包や発送を任せられる」というところが、出品モチベーションにつながっていたんです。

メルカリ02仕上げ

画像4

なるほど、それは納得ですね。

ちなみに、80サイズを通常の「メルカリ便」で送ると900円かかりますが、それが「たのメル便」だと1,700円かかって、約2倍の価格になります。

それでも頼む人がいたんです。売りたい気持ちはあっても、梱包・発送がネックになっていた人って、想像以上に多かったんだなと。

当初のイメージだと、もっと大きいテレビなどでつかわれると思ったので、小さなサイズでも使われたのはびっくりしました。

ほかに「たのメル便」で特徴が出たデータってありますか?

「たのメル便」で出品された場合の、「出品者全体」と「初出品者」での商品単価を比べると、初出品者の商品単価が2倍高かったんです。

これは、価値ある商品を売りたいけど、リサイクルショップに持ち込むと安くなってしまいそうだ。とはいえ、メルカリを使うのも面倒だと感じていた方が、「たのメル便」をきっかけに出品してくれたのかなと。

「たのメル便」って、個人的にも便利だと思っていて。ヤマトのドライバーさんが2人来てくれて、購入者の自宅に設置までしてくれるんです。

お金をかけて粗大ゴミに出すよりは、メルカリで売って「たのメル便」で出したほうが、お得なケースは多いかなと思っています。

他に配送関係のおもしろいデータがあれば教えてください

全国の5,600箇所にある「PUDOステーション」という宅配便ロッカーから、メルカリの商品を発送することができるのですが、

PUDO発送をつかっている方は、つかっていない方に比べると、メルカリの継続率が2倍くらい高い、というデータが出ています。

また、PUDO発送を使っている方は、1人あたりの出品数も1.3倍ほど高い、といったデータも出ていますね。

これはあくまで相関関係で、発送を簡単にすることで「継続率や出品数」に良い影響を与えられるかも、というデータです。

ちなみに、緊急事態宣言の時期は、みなさん密を避けて非対面にいくので、コンビニ発送が少し減って、PUDO発送が伸びる瞬間もありました。

画像19

画像6

画像7

コンビニなどではなく「無人の宅配ロッカー」からの配送になることで、ユーザーからはどんな意見が出ますか?

以前インタビューした方は、頻繁にコンビニで発送するから「コンビニ店員に『メルカリマン』と呼ばれているかも...」と話していて。

つまり、最寄りのコンビニからよく発送していると、店員に「またあの人来た」と思わわれしまいそうで、ちょっと恥ずかしいと。

これは、ローソンの「スマリ」という、投函ボックスの話なのですが、無人だとそういうこともないので気楽だ、と話していました。

あと、コンビニのレジで発送しているときに、後ろに並んでいるお客さんの視線が気になる、という意見もよく聞いたりします。

ツイッターでは「PUDOが楽だからメルカリ続けてる」とか「近所にPUDOができて発送が楽になった」という意見も見かけます。

メルカリ01仕上げB

最近「ポスト投函で発送できるサービス」も始めましたね。

はい。メルカリで売れたものを、郵便ポストから発送できる「ゆうパケットポスト」を、日本郵便さんと企画・設計しました。

ちなみに、メルカリの出品物って、この「小型サイズ」が多いんですよ。

僕は週末に伊豆によく行くのですが、伊豆って最寄りのコンビニまで5キロあったりする。するとメルカリの発送も大変だなと思うんですね。

でも、徒歩10分の場所にポストはあったりする。なので、そうした地域に住む方にとっても、発送が便利になると良いなと思います。

画像8

どんな経緯ではじまったんですか?

コンビニより多くある郵便ポストから「メルカリの商品が送れたら便利だ」という感じで、日本郵便さんとの雑談からはじまりました。

そこから、時間をかけて準備しましたね。日本郵便さん側でもシステムを変更したり、全国でのオペレーションも考える必要もあるので。

画像10

実現するまでに「どういう課題」がありましたか?

郵便ポストって全て同じところに入るので、どの箱にどの商品が入っているか、どう商品とサーバー上のデータを紐付けるか、という課題があって。

そこはどう解決したかというと、箱ごとにユニークなQRコードを印刷して、固有のIDを持たせることで、商品データを管理できるようにしました

大量につくる前提であれば、ユニークなQRを箱に印刷するのは、そこまでコスト的にも高くならないと、実現してくれたDNPさんから伺って、その仕組みなら出来るかもしれないぞ、という感じで進んでいきました。

画像9

「日本郵便さん側のメリット」はどんなものがありますか?

日本郵便さんのメリットは取り扱い数が増えること。

一方で、荷物の取り扱い事業は、メルカリやEC事業者が伸びていることで増えていて、いま配送業者さんの稼ぎ頭になっています。

そうした中で、郵便ポストをつかった便利なサービスを提供できれば、日本郵便さんの売上にも貢献できると考えています。

※ 以降は、マニアックな話をnote購読者向けにまとめています。メルカリのカテゴリ別シェアの変化の話、想定外だった実証実験の結果など、もしご興味あればぜひご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 1,631文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

また読みにきてください!
43
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/