1本で月5,000万円を稼ぐ「ライブゲーム」ミラティブが「事業の火種」見つけた方法。テレビCMに失敗した理由と「数より熱狂」がコミュニティを強くする話
見出し画像

1本で月5,000万円を稼ぐ「ライブゲーム」ミラティブが「事業の火種」見つけた方法。テレビCMに失敗した理由と「数より熱狂」がコミュニティを強くする話

アプリマーケティング研究所

配信者360万人を突破した「ミラティブ」さんを取材しました。

株式会社ミラティブ 代表取締役 CEO 赤川隼一さん

「ミラティブ」について教えてください。

赤川:
2015年8月にスタートした、スマホ1台でゲーム配信できるアプリです。

配信者数としては360万人を超えていて、スマホゲームの配信者の数では、日本一のゲーム配信サービスになっています。

特徴としては、全体における「配信者の比率」が高いこと。現在では、アクティブユーザーの中の「配信者の比率」は約25%です。

ミラティブでいま熱いのは、配信とゲームを融合した「ライブゲーム」で、ライブゲーム関連の売上だけで、月に1億円を超えてきています。

ライブゲームというのは、そもそもなにがキッカケで、はじまったのでしょうか?

赤川:
はじまりは2017年頃に、ミラティブの中で、ルーレットアプリをつかった「ルーレットゲーム」が流行った時期があって。

これは、配信者がルーレットに「視聴者の名前」を入れて回して、当たった視聴者のお願いごとを聞くというものでした。

内容は「コラボ通話で一緒に歌って!」とか「配信者名をふざけて変える」のような、コミュニケーションを楽しむ可愛らしいもの。

このユーザーの発明した遊びが、体験がおもしろかったため、どんどん配信者に飛び火して、ミラティブで広がっていったんですね。

これは小さなブームだったけど、めっちゃ熱量がありました。こうした火種に薪をくべると、0→1の発明をするよりもうまくいくのは、コミュニティサービスでは鉄板なんです。

それで、このゲームとライブ配信とが融合した「ライブゲーミング」には、すごく可能性があるなと考えました。

そこから、どのように「ヒットタイトル」が出るまでに、至ったのでしょうか?

赤川:
2018年頃から、まずは「お手本となるタイトル」をつくるために、少しずつライブゲームのタイトルを開発して、仮説の検証を進めていきました。

試行錯誤の結果、7本目くらいに出した「エモモバトルドロップ」がヒットして、2021年の12月には、9日間で5,000万円の売上が出るまでになりました。

これは、視聴者が「配信者のプレイ」に介入できるのが特徴で、強力なマシンをプレゼントしたり、スコアの上昇に倍率をかけられます。

ライブ配信のマネタイズのキーに、ソーシャルな場で「粋であろうとする」という要素があると思っていて。これがライブゲームでも重要でした。

例えば、「勝つか負けるか」の瞬間にアイテムを投げると盛り上がるなど、コミュニケーションも含めて、盛り上がりが生まれていました。

ライブゲームを分析してわかった「おもしろいデータ」があれば教えてください。

赤川:
おもしろいのは、誰かのためにお金をつかうと、自分もそれに「相応しい行動」をとろうとして、自分につかうお金も増える、というデータが出ていることです。

つまり、ライブゲームで誰かのために課金すると、自分にも課金するようになって、よりゲームをプレイするようになる、ということなんですよ。

例えば、現実世界でゴルフをやってる人が、友達に「ゴルフはじめてみなよ」と言って、ゴルフクラブをプレゼントしたとします。

それなのに、一緒にゴルフに行ったときに、安っぽいクラブを使っていたら恥ずかしいですよね。すると、もっと高いクラブを買おうとする。

また、自分から誘ったのに下手だと恥ずかしいから、張り切って練習する。これと同じことがライブゲームでも起こっています。

今後ライブゲームはどうやって伸ばしていきますか?

赤川:
僕らだけで、タイトルを量産するのは難しいこともあり、パートナー企業を募集して、ライブゲームを増やすことを考えています。

僕がDeNAのMobageにいて「怪盗ロワイヤル」が出たときは、数人のチームで2-3ヶ月を投下すると、「月1億円の期待値が持てる」というのが、いろんなゲーム会社の興味を引きました。

先ほどの「エモバト」も、ミラティブ社内の10人以下のチームが、数ヶ月でつくったのですが、月に1億円の売上の期待値が見えてきています。

基本はレベニューシェア型で、はじめはミラティブ側で「開発費」もある程度は出すような形で、パートナーを増やしていく予定です。

ミラティブの「ライブゲーム」の開発パートナーは、こちらの募集ページから大募集中とのこと。ゲーム会社や個人開発者など広く募集しているそう。ご興味のある方はどうぞ。

ミラティブが「テレビCM」に失敗してしまった理由

赤川:
普通のライブ配信サービスって、配信者は配信をして、視聴者はそれをみてギフトを贈る、そこがパキッと分かれるケースがほとんど。

ところが、ミラティブでは、配信者が「配信者兼視聴者」としてほかの配信者にもギフトを贈る、そのほうが1人あたりの売上もずっと高くなる、というデータが出ていて。

そこにしばらく気づけなくて、視聴者をがんばって増やそうとしてしまい、停滞した瞬間がありましたね。

サービスが大きくなっても「熱量が大事」だったのですね。

赤川:
そうです。コミュニティサービスに火がつくのは「熱狂から」でしかない。これはここ数年でより確信が増してきていて。

見るべきなのは熱量。10%しか使っていなくても、使っている人は継続している。日を追うごとに使う時間が伸びている。そこを見るべきです。

例えば、新しい機能を出したときに「初日に100人がつかった」と聞くと、少なく感じる人が多いと思うのですが、これもちゃんと見た方がよくて。

そこから「翌週は110人がつかった」という結果なら、10人しか増えないと捉えるのではなく、週次で10%も増えたと捉えるべきなんです。

それくらい母数じゃなくて、初期は「熱量」をみるべきなんですね。

ミラティブの公開時も、リリースを派手に打ったのですが、それはノイズがただ増えただけ。翌週には残らないユーザーが増えただけだった。

なので、ライブゲームもプレスリリースは出さずに、約3年前からひっそりとスタートして地道にあたためてきました。

コミュニティサービスでは、初期は「縦に関係性を深めること」が大事と話されていましたが、次のフェーズでは何をすると効果がありましたか?

赤川:
縦に深まった人たち同士で「横のつながり」をつくるのが効きましたね。

Facebookでは「7人友達ができると継続しやすい」というマジックナンバーがあるけど、ミラティブにも「秘伝のタレ」みたいな指標があって。

具体的には言えないのですが、配信者が「この状態」になると継続率がめっちゃ高いし、マネタイズにも貢献してくれる、というのがあるんです。

例えるなら、年賀状を送る相手こそが「友達である」みたいな時代がありましたが、それに近くてこれをしてる人は、長く関係が続くんだみたいな。

なるほど。何をすると「横のつながり」ができますか?

赤川:
例えば、趣味が合いそうな人同士のマッチングや、ほかの配信に行くと自分の配信に人が増えやすくなる構造、などですね。

そうした仕掛けはたくさんあって。あの手この手で、縦に深まってきた人を「横にネットワーク化」しています。

結局、コミュニティが死ぬときって「いつメンばかり」になって新陳代謝が起こらないときなので、そうならないようにずっと意識しています。

数より「熱量が大事」というのは理解できたのですが、初期にそれを信じるのは大変そうです。

赤川:
ミラティブも初期はめっちゃ苦しかったです。全然ユーザーいないじゃん。やめたほうがいいよ。周りにそう言われたこともありました。

でも、一部の濃いユーザー層は、少しずつ少しずつ伸びていた。それが熱量を中心として伸びるとこうなるはず。それを信じて待ち続けた。

当時はまだDeNAの中にいたときの話ですが、そういう中で全身全霊で「自分の信用スコア」を削りながら、0になるまでに結果をだす勝負でしたね。

当時元ミクシィの副社長だった、原田さんという僕の師匠が、「この濃い熱量の伸びはいけますよ」と明確に言ってくれたことも、後押しになりました。

そういった「いつ来るかはわからないけど、いつか確実に来る波を沖で待ち続ける」という勝負みたいなものは、エンタメの0→1では必要なのかなと、改めて感じますね。

ミラティブさんでは、「ギフト機能」を開始したときに、丁寧にユーザーに説明していたのが印象的でしたが、これはなぜそうするのでしょう?

赤川:
運営がユーザーにやさしく寄り添うことは、コミュニティの雰囲気や優しさにも、影響してくるはずだというのがひとつ。

あと、多くのユーザーは、公式からの「お知らせ」を、詳しく見ていないものなので、濃いユーザーに向けて発信している側面もあって。

つまり「ヘビーユーザーが初心者に教える」という構造をつくったほうが、圧倒的に情報を届けられるんですよ。

さらに、ヘビーユーザーが初心者を「助けるメリット」があると、動いてくれやすいので、そういう構造も意識していますね。

-----

【取材協力】
株式会社ミラティブ:https://www.mirrativ.co.jp/
ミラティブ:https://www.mirrativ.com/
CEO 赤川さん:@jakaguwa
広報 廣田さん:@hrt_ryoka1216

※ 以降は、マニアックな事例を4つほどnote 購読者向けにまとめています。配信イベントの「熱量や収益」を高める工夫、配信画面の「SNSシェア」を伸ばした施策、などご興味あればご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 1,302文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

月刊アプリマーケティング

2,000円/月 初月無料

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

ご参考になるところがあれば幸いです!
アプリマーケティング研究所
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。