見出し画像

うつ状態の老人が元気に、LINE@がツイッター拡散など、声コミュニケーション「LINEボイスメッセージ」利用シーンと3つの特徴

LINEのボイスメッセージは、流行しているわけではありません。いまのところは、一部の人にしか使われていない「LINEのマイナー機能」というのが正しい認識になるのではないかと思います。

ただ、ボイスメッセージというコミュニケーション手法が、可能性を秘めているように感じたので、利用シーンと特徴を調べてみました。6名ほどに詳しく話を聞いたのと、ツイッターの検索をもとにまとめています。

▼①非同期性(非リアルタイム)

まず、ひとつ特徴だと感じたのは「非同期性」です。LINE通話と違って、お互いに都合の良いときに、声でやり取りすることができます。

リアルタイムの同期状態でなくても、声でメッセージを伝えられるのは、ボイスメッセージ(もしくは留守電)くらいではないでしょうか。

事例1:社会人と小学生のコミュニケーション

たとえば、ならではの使い方としては、社会人と小学生のコミュニケーションが、ボイスメッセージでやり取りしている話。

20代のアヤさんは、離れて住んでいる甥っ子(お姉ちゃんの息子)とのやり取りに、LINEのボイスメッセージを使っているそうです。

理由としては、小2の甥っ子はスマホで文字をうまく打ち込めないのと、社会人と小学生では生活リズムにずれがあり、通話もしにくいため。

LINEのボイスメッセージであれば、お互いの生活リズムが違っていても「元気?」「何してるの?」と、声を届けて会話することができます。

甥っ子から「アヤ会いたい」といったボイスメッセージが来ると、甥っ子のことが愛おしく感じて、会いに行きたくなってしまうそうです。

※ツイッターでも「子供とやり取り」している人は結構みつかります。

この続きをみるには

この続き: 2,714文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

ご参考になるところがあれば幸いです!
29
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/

こちらでもピックアップされています

月刊アプリマーケティング
月刊アプリマーケティング
  • ¥2,000 / 月
  • 初月無料

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。