新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ライブ配信に「キャバ嬢」や「リモートワーカー」が参入して競争激化。元専業ライバーが語るコロナ禍で増えた「3つのライバー層」とライブ配信で「人気が出るため」の条件。

3名のユーザーにインタビューしました。

目次:
1、配信アプリで競争激化。コロナ禍で増えた「3つのライバー層」
2、週3で3〜4時間は「作業通話をする」作業通話アプリを使うメリット
3、繊細気質の女性が「ジムにいくコスト」が高いからYouTubeをみる話

※このシリーズは定性調査を通じて、ユーザー行動や隠れたニーズを学ぶことを主目的としています。全体を正確に調査したものではありません。

① 元専業のライバーに聞く「配信が競争激化」した背景。コロナ禍で「3つのライバー層」の参入が増えた話

※ 20代 元専業の配信者 Sさん

簡単に「自己紹介」をお願いできますか。

少し前までは「ライバー専業」で活動していたのですが、今は働きながら「楽しむ程度」にライブ配信をやっていますね。

配信アプリは、ポコチャなどで経験があって「Aランク帯」にいたこともあります。一番良かった時期で収入は月40万円くらいでした。

ポコチャは、一定時間までの時給+投げ銭のインセンティブ制です。それでランクが上がるほどにパーセンテージが上がっていきます。

画像3

※ 同時視聴は「20人前後」とのこと。少ない印象もあるが「人数より回数や頻度」などが重要とのこと。この方も「ポコチャでAランク」で割と上位勢だが「月数百万円レベルで稼ぐ人」は本当に一握りのライバーだけらしい。

最近「配信アプリで起きている変化」って何かありますか?

競争は厳しくなっていますね。コロナ禍に入って「ライバーを始める人」がすごく増えたからです。キャバ嬢とかホストとか。

キャバ嬢さんの参入は本当にすごくて。お客さんを連れてきてアイテムを投げてもらって。キャバ嬢を辞めて専業ライバーになる方もいる。

リモートワークの影響も大きくて。芸能人がリモートワークになって、元アイドルとか元SKEとか、既にファンがついている方がはじめたり。

あとは、リモートワークで時間が余っている、一般の「綺麗な人」とかが、副業として配信をはじめるケースも増えています。

実力があれば稼げるということで、配信アプリが「副業のひとつ」として、メディアで特集されることも増えているのかなと。

配信仕上げ

画像5

人気が出るために「必要な条件」って何だと思いますか?

ルックスも大事だと思うけど、やっぱり「親しみやすさ」や「話しやすさ」は大事だと思う。あと常に明るくポジティブなオーラを出してる人。

あと人気ライバーさんの共通点は、リスナーさんを「覚えてくれる」こと。ライバーも「接客」を頑張らないといけない時代かなと思います。

もちろん「素のままの私をみて」という方もいますが、おもてなし最大級の接客とかと同じで、おもてなし精神を持つライバーも増えています。

ライバーが増えて競争が激しくなっているので。リスナーよりライバーのほうが多いんじゃないか、と言われることもあるほどですよ。笑

何か「配信を盛り上げる工夫」があれば教えてください。

リスナーさんのお誕生日を聞いておいて、今日は「誰さんの誕生日ですよ」と、誕生日ソングを流してお祝いをするとか。

やっぱり「リスナー対ライバー」よりは「ライバーとリスナーでひとつ」みたいな一体感は大事です。リスナー同士で仲良くなったり。

とくに今はコロナ禍で「人と人の繋がり」って前と比べなくなった。気軽に飲み会にいったり、遊びにいったりも中々できない。

だから「ライバーだけ」ではなくて「リスナー同士」の繋がりも深くして、みんなで楽しくなるというのは大事になってるかなと。

画像4

この続きをみるには

この続き: 2,845文字 / 画像5枚
記事を購入する

ライブ配信に「キャバ嬢」や「リモートワーカー」が参入して競争激化。元専業ライバーが語るコロナ禍で増えた「3つのライバー層」とライブ配信で「人気が出るため」の条件。

アプリマーケティング研究所

500円

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材の募集ツイートも月初につぶやきますのでご興味あればフォローお願いします ✍️

読んでいただきありがとうございます!
61
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/