見出し画像

約4ヶ月で350万imp。ピンタレストの運用でわかった投稿のコツや魅力。スマホのエンゲージメント率が2〜3倍高かった話など。

ピンタレストにアカウントをつくってみて、4ヶ月ちょっと経過したので、参考になればと思いデータなどまとめてみました。

もちろん、ピンタレストにお願いされたわけでもなく、ただ自主的に実験してみた結果をまとめたものです。

1、ピンタレストの簡単な説明

一言でいうと「画像発見SNSアプリ」です。いろんな写真や画像がアップされている場所で、世界では2.9億人のMAUがいます。(参照記事

日本のユーザー数は不明ですが、ピンタレストの日本代表が「モバイルの月間訪問数は400万人」という、外部調査データを挙げています(参照記事

アカウントの概念としては、フォルダのような「ボード」があって、そこに画像を「ピン」して、好きな画像を保存できる仕組みになっています。

2、ピンタレストの実験結果データまとめ

ピンタレストにアカウントをつくって、4ヶ月ほど経過した時点でのデータを、ざっくりまとめました。

アカウント:アプリマーケティング研究所
フォロワー:580フォロワー
期間:2019.1/1〜5/13(4ヶ月ちょっと)
内容:過去につくった「図やイラスト+URL」を載せる

アップした画像数:350件
インプレッション:349万imp
エンゲージメント数:34万回
保存数(ピン数):1.3万回
リンククリック数:1.6万回

まとめると、ピンタレストにアカウントをつくったら、画像が350万回ほど見られて、ユーザーに画像が1.3万回保存されて、ピンタレストからメディアへのトラフィックが1.6万くらい獲得できた、という結果になりました。

この続きをみるには

この続き: 3,442文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
41
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/

こちらでもピックアップされています

月刊アプリマーケティング
月刊アプリマーケティング
  • ¥2,000 / 月
  • 初月無料

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。