残金40万円からSNSアプリ200個つくり、ユーザー450万人のSNSへ。通話コミュニティアプリ「Yay!」の成長の裏側と、SNSの成否を分ける「スロット理論」
見出し画像

残金40万円からSNSアプリ200個つくり、ユーザー450万人のSNSへ。通話コミュニティアプリ「Yay!」の成長の裏側と、SNSの成否を分ける「スロット理論」

アプリマーケティング研究所

通話コミュニティアプリの「Yay!」さんを取材しました。

株式会社ナナメウエ 代表取締役 石濵 嵩博さん

「Yay!(イェイ)」について教えてください。

石濵:
趣味や話題をきっかけにつながれる、通話コミュニティアプリです。登録者数は450万人を超えていて、24歳以下が85%を占めています。

とにかく「素を出せる」というのを意識していて、本当の自分をさらけ出せる場所、というニュアンスを込めてつくっています。

使い方としては、ツイッターのようにタイムラインを見たり、誰かと通話やグループ通話をしたり、好きなサークルで話したり、という感じですね。

いま「Yay!」が伸びている背景を教えてください。

石濵:
僕らは「メディア化」と呼ぶのですけど、今って既存SNSが前に比べると、めっちゃ投稿しづらくなっていて、基本は「見るだけ」になっている

僕も「土日に牧場にいきました。羊とたわむれた」という投稿を、Facebookには上げづらいですね。投資家やほかの起業家の友達に「遊んでいるな」と思われたくないので。

高校生とかでも、「自撮りをあげにくい」と思っている人がいる。

理由は比べられてしまうから。可愛い子は1,000いいねつくけど、自分には10しかつかない。すぐにわかって、劣等感が刺激されてしまう

若い世代って、みんな「そういう劣等感」を抱えていて、既存SNSに対してなんか気まずいな、なんか息苦しいなと感じている。

実際、インスタやFacebookの投稿数は、緩やかに落ちてきている。ユーザー数は減っていない。でも、投稿数が落ちているわけです。

なるほど、確かにそうかもしれません。

石濵:
それで、この「投稿数」って先行指標なので、いずれどん詰まりになってくるんですよ。確実に。この息苦しさはもうずっと続いていく。

だから、Yay!って「既存のSNSのアンチテーゼ」なんです。みんなが承認をもらえなくなったので、その「揺り戻し」としてYay!が伸びている。

SNSって「誰かからの反応」があるから気持ち良い。そもそもSNSをはじめて、僕たちが楽しい!ってなった理由って、何気ない日常をアップしたときに、それに反応があったからなんですよね。

投稿して「いいね」と反応をもらったり、「わたしも行きたい!」と言ってもらえたほうが、楽しさが10倍違うよなと思うんです。

このまま行くと、SNSはどうなっていくのでしょう。

石濵:
この流れが行き着く先は、リアルな人間関係を取っ払い、なりたい自分で、バーチャル上に居場所をつくれる世界なんですよ。

これが「メタバース」とも呼ばれています。

Yay!も文脈はこれと同じで、インフルエンサーを生まない、フラットな構造であることを意味して、「アンチインフルエンサー的なプラットフォーム」と言っています。

これは、階層構造をつくらない、みんなが自己表現をしやすいプラットフォームなんです。

「おはよう」といえば「おはよう」と返ってくるし、食べかけの餃子の写真をあげてもOK、フォロワーが10万人の人なんて滅多にいない。

投稿ハードルは死ぬほど下げるけど、反応はめちゃくる。そこにフォーカスすることで、多くの人が承認をもらえる設計にしているんです。

ツイッターやインスタは、もはや「メディア」なんですよ。Yay!はメディア化をしません。ただのSNS。むしろこれこそがSNSなんです。

Yay!のようなSNSをつくるときに「ここは意識すべき」と思うポイントを教えてください。

石濵:
僕らは「スロット理論」と呼んでいるのですが、スロットに入らないとソーシャルは確実に死ぬ、という法則があると考えていて。

スロットとは何かというと、人って誰かを思い浮かべて「この人と話そう」と思ったときに、連絡ツールも一緒に思い浮かべるんですよね。

○○さんに連絡するならインスタ、お母さんに連絡するならLINEみたいに。その連絡ツールに入ることを「スロット」と呼んでいます。

そして、スロットは同じ人と繋がるのに「最大2つ」なんです。基本は1つと言ってもいい。とにかく2つまでなんです。

つまり、誰かを思い浮かべたときの「2つのスロット」を取り合っている。

スロットに入れば、長期で継続してつかわれるので、積み上がり続ける。これが、ソーシャルをつくるときのエッセンスだと考えています。

長期で継続しないと、アクティブユーザーが積み上がらないから、生き残ることができないと。

石濵:
そうですね。バズったサービスはいっぱいあるけど、誰かと話したいと思ったときに「スロット」に入らないと、継続してつかわれないんですよ。

例えば、Clubhouseはツールとしてはつかわれます。講演会やりますとか。でも連絡する手段は、結局ツイッターかFacebookになってしまう。

つまり、ソーシャルには「ユニークなソーシャルグラフ」が絶対に必要で、言い換えると「ならではのコミュニティ」をつくらないといけない。

そうしないと、コミュニティの誰かを想起したときに、つかわれるシーンが存在し得ないことになってしまうから。

なので、Yay!は「スロット」を取ることを意識して、Yay!の中で「人と人」をマッチングすることで、誰かを思い浮かべたときに、必ずスロットに入るような設計にしていますね。

例えば、Yay!で仲良くなったAさんと、後日「また話したい」と思ったときに想起されるアプリがYay!ですよね。Yay!でしか繋がっていないので。

だから長期で継続してくれる。ここのストラクチャーには、めっちゃこだわっていますね。

スロットを「書き換える」というのは難しいですか?

石濵:
難しいと思います。僕も「母親との連絡ならLINE」と決まっていて。今からそれを上書きするって、めっちゃ難しいんですよ。

なぜなら、リアルな人間関係(リアルグラフ)の「スロット」は、もう大抵2つ埋まってしまっているからです。

だから、これから流行り得る「メタバースや新規のSNS」は、バーチャルの関係性(バーチャルグラフ)以外は、ありえないんですよ。

Yay!での関係性は、リア友よりはバーチャルな関係性が多いので、仲良くなったときに、また「その人と話そう」と思ったらYay!にくるんです。

Yay! は「どんな過程」で生まれたのでしょうか?

石濵:
初期に出した「SlideStory」は、土日しかつかわれにくいのが課題でした。お出かけに行ったときにしか、スライドショーをつくらないからです。

次に、Vineのような動画SNS「Lily」を出したのですが、これもうまくいかなったですね。半年やってもDAUが1,000人でした。

そこから200アプリを出す中で、学生向けの「ひま部」が公開から1週間でDAU 1,000人を超えたので、そっちにシフトするようになりました。

学生向けで伸びていた「ひま部」から、「Yay!」に変更した理由はなんだったのでしょう?

石濵:
初期のFacebookがそうだったように、どこかのタイミングで間口の小さい「学生専用」の冠を外していく必要がありました。

ひま部は「学生専用」だったので、社会人ユーザーを凍結していたんです。なので、その状態から「全年齢にします」と方針を変えると、ユーザーから大きな反感を買ってしまいます。

それで、ギリギリまで「ひま部」のまま、学生制限をなくすことも考えたのですけど、新アプリとして「Yay!」を出すことにしました。

SNSを200アプリつくるというのも、簡単にできないと思うのですが、なぜそこまで出来たのでしょう?

石濵:
実はそのときに社長が変わって、僕が社長になったのですけど、その時点で後がなかったんです。会社がなくなりそうだったんですね。

お金も全然なくて、当時は銀行の残高も40万円くらいになっていて、もう来月には会社を畳まないといけないよね、という絶望的な状況でした。

20日後には、給料が支払えなくなる状況で、投資家を見つけて交渉したり、銀行からお金を借りてきたり、とにかく必死だったんです。

なので、やれることは全部やろうという中で、できることはアプリをつくることだったので、朝4時くらいまでアプリを開発していましたね。

SNSを運営してみて、「ここは大変だったけど、こうしたら解決できた」、というものはありますか?

石濵:
Yay!のようなアプリの、投稿コンテンツのチェックって、難しいんですよ。不適切な画像や動画をアップする人が、どうしてもいるためです。

ただ放置してしまうと、コミュニティが腐っていく。不快に思って誰もつかわなくなってしまう。これを僕らがどう解決したかです。

最初は何をしたかというと、365日24時間、社員がチェックしていました。でもずっと続けるのは難しくて、専門の企業に頼もうとしたんですよ。

そしたら「月700万円かかります」という見積りが出ました。当時はお金もなかったので、支払える金額ではありませんでした。

次に、僕らがやったのは、CTOがタイ人だったのですけど、タイに子会社をつくったことでした。

-----

【取材協力】
株式会社ナナメウエ:https://nanameue.jp/ja 
Yay!:https://yay.space/ 
CEO 石濵さん:@takachan114
広報/マーケ 井上さん:@tomoyasu_inoue

【告知】ナナメウエさんでは、Yay! x eSports (Apex)の「WEBドラマ」も、12/24から公開予定とのこと。ご興味ある方はぜひご覧ください。

※ 以降は、マニアックな事例を5つほどnote 購読者向けにまとめています。DAUに数万人のプラス効果があった企画、投稿などの心理ハードルを下げるための工夫、広告効果の高かった媒体、などご興味あればご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 2,005文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

月刊アプリマーケティング

2,000円/月 初月無料

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
アプリマーケティング研究所
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。