予定と気分で「当日にバイトするか決める」女子大生が「単発バイトアプリ」をつかってその日にバイトの予定を決めてる理由。「その日にならないと働きたいかわからない」
見出し画像

予定と気分で「当日にバイトするか決める」女子大生が「単発バイトアプリ」をつかってその日にバイトの予定を決めてる理由。「その日にならないと働きたいかわからない」

2名のスマホユーザーに話を聞きました。

目次:
・女子大生が語る「いまから働きたい」という当日バイトニーズ
・その日に働きたいニーズは「スマホ×単発バイト」で埋められる
・韓国フォトマーケティング「撮る美術館」「つくって撮る店」
・購入から撮影タイミングまでデザインされた韓国の靴下屋

※このシリーズは定性調査を通じて、ユーザー行動や隠れたニーズを学ぶことを主目的としています。全体を正確に調査したものではありません。

◎1、予定と気分で「当日にバイトするか決める」女子大生が「働くかどうか」をあえて当日に決める話。

※サリさん 22歳 女性 大学生 (神奈川県)

最近つかっているアプリを教えてください。

単発バイトが探せる「タイミー」というアプリをつかってます。「今から働きたい」と思ったときに、空いた時間に働きたいからです。

わたしは、月に1〜2万円稼いでいて、10回くらいは仕事をしました。友達に「こういうのがあるよ」と教えてもらって使いはじめました。

画像1

例えば「どういうとき」につかうんですか?

たとえば、その日に何もやることがない。学校の課題もない。友達とどっか行くわけでもない。けど、気持ちは元気。そういうときにつかいます。

だから「当日に決めること」がめっちゃ多くて。当日が7割、前日が3割くらい。前日に「どんな仕事があるか」は見るけど契約はしません。

その日にならないと「働きたいか」はわからないから。予定は暇でも気分とか体調もあります。だから、当日に入りたかったら入ります。

あと、チラシのサンプリングとか、暑い日にはやりたくありません。笑

画像2

なるほど。ほかには「どういうとき」につかいますか?

服とか買いに出かけたら、アプリを開いて「近くにいいバイトないかな?」とみてあったら行く。近ければ楽だし交通費もかからないので。

あとは、友達とあそんでいて「何時に解散」と決まったら、その時間からできる仕事を探して、いいバイトがあったら入ります。

それから、本当は定期バイトに1日入りたかったけど「午前中だけのシフト」になってしまったら、夜から居酒屋さんに入ったりします。

タイミー1本でバイトするってよりは、飲食店のホールの定期バイトをしているのですが、それと合わせてつかっている感じですね。

画像3

画像4

※定期バイトなどだと「当日ヒマだし元気だからいま働きたい」というニーズは埋めることができなかったが、スマホ×単発バイトの形であれば、そこの空白を埋められるようになった、ということなのかなと思いました。

タイミーをつかうメリットってほかにありますか。

この続きをみるには

この続き: 2,990文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。