MAU 380万人のWiFiアプリ「タウンWiFi」が語る「いいモノをつくれば売れる」という幻想のワナと、ユーザー層が変化したことで「勝ちクリエイティブ」が変わった話。
見出し画像

MAU 380万人のWiFiアプリ「タウンWiFi」が語る「いいモノをつくれば売れる」という幻想のワナと、ユーザー層が変化したことで「勝ちクリエイティブ」が変わった話。

1,000万ダウンロードの「タウンWiFi」を取材しました。

画像24

※ GMOタウンWiFi株式会社 代表取締役 荻田 剛大さん

「タウンWiFi by GMO」について教えてください。

荻田:
街中のフリーWiFiに自動で接続できるアプリです。2016年5月に公開して、現在は1,000万ダウンロード(MAU 380万人)を超えています。

これは、オートフィル(自動入力)のように、アプリが会員情報などを自動入力することで、フリーWiFiにカンタンに接続できる仕組みです。

ユーザーはフリーWiFiの会員登録などの、わずらわしさから開放されます。

画像25

※ 運営メンバーは、社員と業務委託を合わせて25名ほど。

どのような経緯でアプリをつくったのでしょうか。

荻田:
2015年に起業したのですが、自分が「スマホの通信制限」にかかって、この問題をなんとか解決したい、という想いからスタートしました。

それで、はじめは「余った通信量を誰かに売れる」といった、WiFiマッチングアプリをつくったのですが、全然うまくいきませんでした。

WiFiの届く範囲って20メートル程なので、部屋が隣くらいでないと成立しません。マッチング率がとても低かったんです。

画像3

なるほど。「タウンWiFi」はどのように生まれましたか?

荻田:
そして次に生まれたのが、街にたくさんあるフリーWiFiをアプリに集約して使えるようにする、というアイディアでした。

そのときに、前職の楽天の同僚をCTOに誘って、3ヶ月でアプリをつくって公開したのが「タウンWiFi」です。

公開するとすぐに、ネットメディアやツイッターで話題になり、ストアのランキングが上昇していき、2ヶ月で100万ダウンロードを超えました。

これには驚きました。当時は、まだ大容量プランもなくて、それだけ「通信制限になりたくない」という人が、多かったのだと思います。

画像25

タウンwifiのmidashi01

画像5

タウンWiFiー青修正

荻田:
実際、初期に1日1,000円ほど広告を出したら「1DLあたり30〜60円」で獲得できていたんです。お金がなかったので、たくさんは出せませんでした。

しかし、そこから資金調達した後に、広告に出稿すると「CPIは120円」になりました。勢いがあるときとは、結果が全然違いますよね。

画像7

初期にやってよかった「最大 1日1,000件のサポート対応」

画像8

画像9

タウンwifiのmidashi02

サービスを公開してから「ここは転換点だった」と思うところがあれば教えてください。

荻田:
2016年頃に、ソフトバンクさんから「ギガモンスター」という、月50ギガの大容量のプランが出たことです。

大容量のプランが出るということは、WiFiをつかわなくていい人が増える。それによって、タウンWiFiのユーザー層が変わりました。

もともとは、20-30代の都心のネットヘビーユーザーが多かったのですが、だんだん、地方に住む40-50代の節約したい人が増えていったんです。

すると「勝ちクリエイティブ」も変わりました。はじめは「通信料の節約アプリ」のような、ネット利用者にむけた訴求が効果的でした。

次第に「WiFiって街中にこんなにあるんですよ」と、節約したい方に「損してませんか?」と伝える訴求が刺さるようになりました。

小さな変化であっても、時間差でサービスに響いてくるので、どこに勝機が生まれるのかを、いち早く判断することが大事だと感じました。

画像10

そこから、2019年に「GMOインターネットグループ」になりました。どのようなところが評価されましたか。

荻田:
アクティブユーザー数や、僕らのチームメンバー、エンジニアが多くて技術を持っていたことは、すごく評価してもらえました。

入ってよかったのは、売上もプロダクトも伸びていますが、元いたメンバーが誰もやめていないこと。これは誇らしいしよかったなと。

タウンwifiのmidashi03

これまでに「うまくいった施策」について教えてください。

荻田:
ボタンの文言をすこし変えるだけで、数値に変化がでた事例があります。

たとえば、オンボーディングの「初期設定をする」という言葉を、単純に「次へ」という言葉に変えたところ、離脱率が下がったんですね。

これは「初期設定」という言葉に「重さ」があったからかなと。あまり重く考えさせないテキストにしたほうが、いいのだと感じました。

画像12

画像13

なるほど。ほかにも「うまくいった工夫」はありますか?

荻田:
あとは、オンボーディングって「読まない人」も実は多いため、読まない人向けの対策をしたことは、効果的だったと思います。

具体的には、オンボーディングを「アプリ内メニュー」から、見返せるようにしたところ、問い合わせ数が(10〜20%は)減りましたね。

画像20

タウンWiFiはどうやって「マネタイズ」していますか?

荻田:
主なマネタイズとしては、アフィリエイト型の広告と、小売店に向けた集客型の広告ですね。

後者は、周辺エリアのWiFiにつながったときに、「近くのお店でこんなキャンペーンがあるよ」と、近くにいる人に広告が出せる仕組みです。

広告主としては、薬局のチェーンだったり、駅前にあるような商業施設が、チラシの置き換えのような感じで、出稿してくださっています。

今後はどんなところに力を入れていきますか?

荻田:
ポイントをつかって、ユーザーさんの通信量を安くしていくのは、今年のメインプロジェクトとして考えていますね。

最近は、WiFiにつながるとポイントが貯まる、というポイ活機能が上手くいっていて、これでアンインストール率が数%下がりました。

さらに、動画広告をみたら「さらにポイントUP」としたところ、約80%のユーザーが動画をみてくれています。

成功施策に共通してるのは「もったいないコミュニケーション」なんです。僕らのユーザーと相性が良いキーワードなのかなと。

この機能も「ポイントが貯まるのにもったいないよ」ですし、先ほどの広告の話でいうと「街中にWiFiがあるのにもったいないよ」です。

画像11

-----

タウンWiFi:https://townwifi.jp/
GMOタウンWiFi株式会社:https://townwifi.jp/company/
荻田さん ツイッター:@go_dai

【告知】GMOタウンWiFiさんでは採用募集中。エンジニアなどを探しているそうです。ご興味ある方は下記のサイトよりどうぞ。

※ 以降は、マニアックな事例を6つほどnote 購読者向けにまとめています。プッシュ通知の許可率を高める工夫、IDFA許諾を10%改善した事例、初日アクティブ率が5%アップした事例など、ご興味あればご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 1,387文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

読んでいただきありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。