見出し画像

世界150万ユーザー突破。プログラミング学習サービス「Progate」のインド奮闘記。インドで「オンライン修了証」から口コミが生まれた理由。15万ユーザー到達までにやった「イベント×コミュニティ戦略」

世界150万ユーザーのプログラミング学習サービス「Progate」さんにお話を伺いました。ダイジェスト版は漫画でまとめています。

プロゲート01

プロゲート02

プロゲート03

プロゲート04

画像21

・Progate公式ツイッター(@progateJP
・Progate(https://prog-8.com/

【Progateさんより告知】Progateでは各職種を採用募集中とのことで、ご興味ある方は採用ページよりどうぞ。

以下、note購読者向けに、インタビューの「テキスト+図解版」の詳細記事を配信しています。

-----

1、Progateインド市場での立ち上げ事例

画像5

※ Progate インド担当の宇野 舜さん

○ なぜProgateは「インド進出」したのか?

スクリーンショット 2020-07-08 17.24.04

宇野:
もともと、Progateの英語版へ「インドからのアクセス」が多かったんです。また、東南アジアで広告を打ったときも、インドでの反応は良くて。

そして、Progateの世界展開を進める上で、インドを含めた東南アジアの国に視察にいったときにも、とくにインドは手応えがありました。

インドは、毎年数百万人のエンジニア人材と呼ばれる、新卒の学生が大学を卒業していくほど需要は大きく、体系的にプログラミング学習できるサービスも当時はありませんでした。

こうして、2018年にProgateのインド法人を設立しました。現在は5人のメンバーがいて、僕以外は全員インド人となっています。

画像12

画像15

○ インドで「どう価値提供できるか」掴みきれなかった

スクリーンショット 2020-07-08 17.24.04

宇野:
僕はインド法人の設立から数ヶ月後に参画したのですが、はじめから好調だったわけではなくて、立ち上げ初期はかなり難しかったです

Progateが「インドで価値を出せる」のはわかっていました。でも、彼らが本当に求める価値を提供できているのか、という課題はあって。

具体的には、Progateには基礎や中級へのコンテンツはありましたが、インドで求められていたのは「職を得るためのスキル」だったことです。

どのようにProgateをつかってもらえれば、この課題を解決できるのかを、うまく掴みきれずにいました。

画像13

○現地スクールの視察で「本当の価値」に肌で気づけた

スクリーンショット 2020-07-08 17.24.04

宇野:
転機になったのは、現地の有名プログラミングスクールから「Progateを導入したい」と、言っていただいたことでした。

そのスクールは、初心者に1ヶ月でプログラミングを教えて、マイクロソフトやGoogleのインターンシップを輩出する、有力スクールでした。

初心者から必要なスキルを身につけて、有名企業のインターシップの機会をどう得ているのか、僕たちはそれがすごく気になりました。

そこで、1ヶ月ほぼ毎日スクールを見学させてもらい、どうProgateをつかっているのか、どのように学習しているか観察したんです

毎日のように、教室の後ろで見学させてもらったり、お昼休みにはインドの学生さんに話しかけて、話を詳しく聞いてみたりもしました。

すると、ひとつわかったことがありました。

それは、Progateは初心者がプログラミングでつまづきやすい点に対して、つまづかないようにする仕組みを、高い質で持っていることでした。

Progateのおかげで「入口がスムーズに学べた」という声を、学生さんや運営さんからいただけて、肌で手応えを感じられたんですね。

その経験によって、Progateがどう使われると価値が出るか実感が得られて、そこからの施策にもその経験が活かされました。

画像14

○ 大学別のコミュニティに向けてイベントを行う

スクリーンショット 2020-07-08 17.24.04

宇野:
もともと、オンライン全方位でプロゲートを広めようとしていたけど、そこからは大学毎にProgateを広める方向に、変えることにしました。

学生に話を聞いてわかったのが、インドの大学生は意外と外に出ないから、大学内で口コミが流行りやすい、ということでした。

また、インドのエンジニア系の学部のある大学には、エンジニアのコミュニティ等があって、そこにアクティブな学生が属していました。

日本では、口コミやツイッターコミュニティでProgateが広がりましたが、インドで同じことは起きにくいことが掴めてきたんです。

そこで、大学別にプログラミングのイベントを開催することにしました。今では月150回程のイベントを開催しています

参加者には、3日間Progateのコースを無料開放したり、Progateで学んだ後ハッカソンのように何かつくってみる、というイベントもあります。

オンライン全体より大学毎のコミュニティに対して、Progateを広げていくほうが効率が良いので、そちらに方向転換してきました。

画像17

○ オンラインの「修了証」がSNSで口コミを生んだ

スクリーンショット 2020-07-08 17.24.04

宇野:
インドでうまくいったのは、Progateで特定コースを修了した人に、オンラインで「修了証を発行する」という機能でした。

これがあると学生に「つかいたい」と思ってもらいやすいんですね。

まず、インドでのプログラミングは「就職のためのスキル」として見なされていて、エンジニア就職するための手段になっています。

そして、インドでは就活で「Linkedin」を使うのですが、学生はページに何を投稿するかというと実績なんですね、つまりそれがイベントやオンラインコースの「修了証」なんです

Progateのイベントに参加するなどして「修了証」が発行されると、それをみんなLinkedinに載せることで、認知や口コミにつながっています。

この修了証というのは「就活に役立つ機能」だけではなく、大学で口コミを生む起点になっていて、重要な役割を果たしています。

画像18

画像16

現在インドのユーザー数は15万人。2020年1月に7.5万人だったので、半年で2倍の規模になっていて、伸びるスピードも上がってきています。

修了証やイベント開催による、コミュニティからの口コミによって、新規獲得の8割くらいに繋がっているのでは、と感じますね。

画像9

○ イベント運営は月150回、インターン生も参加している

スクリーンショット 2020-07-08 17.24.04

この続きをみるには

この続き: 3,756文字 / 画像16枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
150
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/

こちらでもピックアップされています

月刊アプリマーケティング
月刊アプリマーケティング
  • ¥2,000 / 月
  • 初月無料

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。