見出し画像

この1年で売上3倍に。お家で試着ができる試着購入ECサービスの「DROBE」が語る、スタイリストのAI化で「服の選定時間」を50%以下に改善した話、広告でニーズ検証に成功した方法

5万人が登録する、服の試着購入サービス「DROBE」さんを取材しました。

画像14

※ 株式会社DROBE COO 長井 大輔さん

「DROBE」について教えてください。

DROBEは、その人のために選んだ商品を、自宅で試着いただいて気に入ったものだけ購入できる、という「試着購入サービス」です。

いらないものは無料で返送できますし、自宅にあるアイテムと合わせながら着られるので、自宅が試着室になるイメージで使っていただけます。

現在は160ブランドと提携、会員数でいうと5万人ほど(昨年同期比 2倍)、売上は昨年同期比で3倍ほどに、伸びているという状況です。

AIとスタイリストを組み合わせて、1回あたり5点の商品を送るのですが、1点以上はご購入いただける確率は、80%ほどになっています。

画像17

画像13

商品は「どのような仕組み」で調達しているんですか?

二つありまして、ブランドさんからお借りする「消化仕入」というものと、あとはDROBE側で買い取って在庫を持つものがあります。

自宅が試着室になる感じで、新品で届けて「商品のタグ」はつけたまま試着いただいて、不要なモノは返品いただいています。

画像12

DROBEのmidashi01

最初はどのような感じでスタートしたのでしょう。

最初は、服のスタイリングのサービスには、ニーズがあるか検証するため、広告にページを出してテストをしてみました。

具体的には「対面・チャット・ビデオ通話」3パターンのページをつくり、Facebookやインスタの広告に出してみたんです。

すると「対面とチャット」には、3時間で約100件の予約が入ったのですが、「ビデオ通話」には予約が1件も入りませんでした。

最初は「あれバグかな?」と思ったのですが、そうではありませんでした。対面とチャットだけに集中して予約が入ったんです。

1予約あたりのコストも、1,000円以下(数百円)という感じだったので、これはニーズがあるかもしれないと感じましたね。

画像4

※ 当時2018年で、まだビデオ通話も当たり前ではなく、プライベート空間でビデオ通話することにも抵抗があったのではないか、とのこと。

そこからはどのように検証を進めていきましたか?

そこからは、テスト的に100〜200人に、サービスを提供しました。最初は、僕たちで洋服を調達して、直接ユーザーさんに届けたりしましたね。

画像17

対面よりチャット

DROBEのmidashi02

サービスを公開してから「ここは転換点だった」と思うところがあれば教えてください。

最初は、チャットでユーザーと会話をしながら、スタイリストが商品を選んでいたのですが、それを「AIが商品を選ぶ仕組み」に切り替えたこと。

過去のデータをAIに学習させて、商品を選ぶようにしたら、購入率や単価がほぼ同等というパフォーマンスが出たんですね

最初は、1顧客あたり160分かかっていた服の選定時間も、AI導入によって、60分まで短縮することができました(60%減 ※現在は更に短縮)

これは、公開から半年後くらいの、2020年の2月のことでしたね。

ある意味「スタイリストのAI化」に成功したということです。このときからAIとスタイリストの分業を進めるようになりました。

重要だったのは、スタイリストがどの情報を見て何をお送りしたか、結果的にユーザーさんが何を買われたか、この2つのデータでした。

画像3

ほかに「うまくいった施策」があれば教えてください。

ユーザーさんに発送する前に、WEBで事前に商品を確認できるようにして、「いる・いらない」を回答できるようにしたこと。

ただ、僕はこれは最初は「反対」でした。なにが届くかわからない楽しみ、セレンディピティが減ってしまうと思ったから。

でも、実際にやってみると、数値がよくなりました。安心感をうまく醸成しつつも、セレンディピティは残せる、という良い施策になった。

AIで好みをドンズバに当てると「もう持ってる」となります。そうなるとご満足いただけませんが、事前に確認できればこれも防げます。

画像8

なぜ「セレンディピティ」をそこまで大事にしようと思っていたのでしょうか?

お客様から「事前に商品を見れないの?」とも言われてたのですが、自分で選んでしまうと「コンセプトが壊れる」と思っていました。

テスト時に、目の前で箱を開けていただいたときの「お客様が喜んだ顔」が鮮明に残っていて、それを過大評価してしまったのだと思います。

ユーザーの顔って大事だけど、顔を見すぎてしまうと「自分の感覚」に影響してしまうので、感覚を信じすぎないことが大事なのだなと。

DROBEは「データで判断する文化」は強いのですが、それでも失敗してしまいましたね。ニーズとしては「お客様の意見」が正しかったです。

DROBEで「意外だったニーズ」はありますか?

ネットに慣れた人が「ECでも試着できたら」ということで使うと思ったら、逆に「ネットで服を買ったことない人」がユーザーに多かったこと。

ECではあまりうまく買えない人や、トレンドを見ても「自分に合った服がわからない」といった方に刺さっていました。

自宅だとパートナーに「似合う?」と意見も聞けます。店員の視線も気にせずに試着できる。店舗のような体験で買えるEC、という点がウケていた。

ユーザーさんと話すと、ECより「店舗との対比」で語る方が多いんですよ。つまり、ECとの差分より「店舗との差分」が価値になっていた。

DROBEの「おもしろいデータ」があれば教えてください。

時間や手間を削減したいユーザーよりも、年代に合わせた服が知りたいユーザーのほうが、購入率はかなり高くなっていますね。

都道府県別の、購入系のKPIには「ほぼ差がない」です。これだけECが普及してくると、東京と地方であまり変わらないのかもなと。

あとは、DROBEの購入者にアンケートをとった結果、ほぼDROBEで服を買うようになった人が、約30%いるということもわかりました。

画像7

----------

DROBE:https://drobe.jp/
DROBE 長井さん(@daisukenagai

【告知】DROBEさんでは採用募集中とのこと。エンジニアやマーケターなど探しているそう。ご興味ある方は下記サイトよりどうぞ。

※ 以降は、マニアックな事例を5つほどnote購読者向けにまとめています。LPのコンバージョン率が約2倍になった訴求軸の話、診断完了率が9%アップした工夫、招待プログラムのコツなど、ご興味あればぜひご覧ください

この続きをみるには

この続き: 1,560文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。次回の取材の募集は【8/5前後】の予定です。ツイートでお知らせします ✍️

読んでいただきありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。