見出し画像

男性に対して「ビッチぶる」ために、AV男優のユーチューブ番組をみて勉強する。エステ勤務の女性が語る「よくみる動画」

スマホユーザー2名にインタビューしました。

<目次>
・家にテレビは置かずにユーチューブをみる理由
・「ビッチぶる」ためにAV男優の動画をみて勉強する
・エステ勤務は「ヒマな時間」が多くスマホを見てしまう
・インスタでぶっちゃけ日記の「手書きツイート」が流行している
・フリマアプリで「趣味の切り絵」を売ったら数万円になった
・特化型フリマアプリ(Creema)をダウンロードするまでの経緯

1、男性に対して「ビッチぶる」ために、AV男優のユーチューブ番組をみて勉強する。エステ勤務の女性が語る「よくみる動画」の話。

一人目は東京都のハナさん(26歳 エステ勤務)

画像1

「よくつかうアプリ」について教えてください。

ユーチューブは大好きでよく見ます。ヒカキンとかブライアンとか。飲み会のときにも「早く帰ってユーチューブみたいな」と思うくらい好きです。

テレビは家に置いてないんです。テレビって殺人事件とか「暗いニュース」ばかりじゃないですか。そういうのを朝から見たくなくて。

わたしにとって、ユーチューブは「テレビの代わり」みたいなものです。

最近はどんな「ユーチューブ動画」を見ていますか?

しみけんというAV男優の、ユーチューブチャンネルを見ています。キスのテクニック、体位のときのコツみたいな、恋愛の動画がおもしろくて。

動画なので本よりわかりやすいですし、理論的に「なぜそうするのか」まで解説してくれるから、参考になるし男心の勉強になっています。

※AV男優がユーチューブ番組もやる時代。グッズメーカーのスポンサーも付いている。テレビじゃやりにくいジャンルや、ニッチなジャンルは、こういうモデルの方が相性が良いのかもしれない。

どうして「そういう動画」を見てるんですか?

恥ずかしいんですけど、わたし「ビッチぶる癖」があるんですよね。恋愛経験がないことを隠すために。だから「ビッチぶる」ために動画で勉強している。

わたし、性格がサバサバしているし、姉御肌なところもあって。それで「エステ勤務です」っていうと、「恋愛経験ありそう」ってすごい思われやすくて。

でも、本当はビッチじゃないんです。実際には真逆なんですけど。恋愛経験があまりないと言うと、年齢的にも恥ずかしいからビッチのフリしてる。

なるほど。

正直に「恋愛経験があまりない」と言って、性格に欠陥があるんじゃないか、不良品なんじゃないかって思われるのが、ちょっとイヤなんですよね。

実際に「恋愛経験ない」って言うと、「え、なんで?」とか「じゃあ何してたの?」とか、ものすごい追求して詮索してくる男とかよくいるんです。

それがめんどくさくて、とくに男に対して「ビッチのフリ」してしまいます。

他には、人から頼られたいというのもあるし、自分のプライドを守りたいのもあるし、経験が豊富な女は格が高い、みたいな感覚もある。

とにかく「自分を守るため」に、恋愛動画をみて勉強をしています。もちろん、純粋におもしろいからというのもありますけどね。

画像2

ほかに「よくつかうアプリ」って何がありますか?

ツイッターとかインスタは、1日に2〜3時間みています。普段は「エステの接客業」をしているのですが、予約のない時間って意外とヒマなんですよ。

最近はインスタで「手書きツイート」というのが流行っていて。手書きの文字を写真に撮って、インスタに日記みたいに投稿するんですけど。

表では言えない「不倫」とか「セフレ」みたいなことを、女の子がサブアカでぶっちゃけているのが、読んでいておもしろいですね。

画像3

※インスタなのに「ツイート」と言うのがおもしろい。既に「#手書きツイート」のハッシュタグで、42万も投稿されている。

インスタで「手書きの日記」が流行ってるんですね。

この続きをみるには

この続き: 1,364文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

月刊アプリマーケティング

¥2,000 / 月 初月無料

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。