スマホをかざせば「宅配ボックス」が開き、アプリで決済すれば「集荷」もできる、中国の宅配アプリの便利さと宅配問題の話
コマA_seisyo__10_

スマホをかざせば「宅配ボックス」が開き、アプリで決済すれば「集荷」もできる、中国の宅配アプリの便利さと宅配問題の話

中国現地に住んでいる「Nさん」に中国アプリについて寄稿いただきました。

目次ハイライト:

中国の宅配アプリ「快递易」
・QRコードで「宅配ボックス」が開けられる
・アプリと宅配ボックスで「集荷もできる」
・中国でも「宅配員の不足問題」が出ている

中国のバス/交通アプリ「车来了」
・中国でバスアプリが重宝されている理由
・シェアサイクルのマップ表示も便利
・交通アプリだけどソシャゲっぽい促進機能

画像1

1、中国の宅配アプリ「快递易」

ネットショッピングなどの配送管理ができる「宅配便アプリ」です。

便利なところは、配送状況の確認ができること、荷物が届いたら「QRコード」をスマホで読み取って、宅配ボックスをすぐ開けられるところです。

画像2

画像3

※ネットで買ったモノの配送状況を集約できる。タオバオに登録している電話番号などを登録すると、自動でアカウント連携される

中国で「宅配ボックス」が求められる理由

中国の宅配業者は、マンションの入口までは来ますが、家の前まで届けてくれません。それで「一階にいるから荷物を取りにきて」と電話をしてきます。

不在時は大手じゃないと「マンション内に届ければ問題ないでしょ」という感じで、入口や敷地内のコンビニ前に荷物が放置されたりします。

そうなると、宅配物の山から「自分宛の宅配物」を探し出さなくてはなりません。荷物の山を見ると、個人情報もプライバシーもないな…と笑えます。

わたしも初めてこの経験をした時は驚きました。配達員から「マンションのコンビニ前に置いてあるから」と電話がくるわけですから。笑

そんな状況なので、中国では「宅配ボックス」の設置は、安心と安全を与えてくれます。

画像4

※中国のマンションは、塀で囲われている建物も多く、2〜3か所にある門からしか中に入れません。カードキーで門を開けて入ります。また、正面の入り口は門番がいて、その人に開けてもらうこともできます

アプリと宅配ボックスで「集荷もできる」

また、このアプリでは「宅配ボックス」に荷物を入れると、宅配便を送ることもできるようになっています。(まだ、対応地域が限られています)

アプリから配送先を入力して、配送料の決済を行うと、取扱番号が送られてくるので、それを入力して宅配ボックスを開けて、荷物を預けておきます。

そうすると、勝手に宅配員が集荷にきてくれる、という仕組みです。

画像5

この続きをみるには

この続き: 1,760文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。