中国では屋台でもスマホの「QRコード決済」がつかわれる。紙幣で払ったら「決済アプリ」でお釣りがきたことも。現地の日本人に聞いた、中国の決済アプリ事情。
見出し画像

中国では屋台でもスマホの「QRコード決済」がつかわれる。紙幣で払ったら「決済アプリ」でお釣りがきたことも。現地の日本人に聞いた、中国の決済アプリ事情。

中国現地に住んでいる「Nさん」に中国アプリについて寄稿いただきました。

目次ハイライト:

アリペイ(支付宝)決済アプリ
・アプリで公共料金から税金まで決済する
・街のお芋屋さんもスマホで「QRコード決済」
・お釣りがないときに「アプリで受け取った」経験も
・偽物の多い「中国のネット通販」でアリペイが便利な理由

WeChat(微信)メッセンジャーアプリ
・中国で「スマホに話しかけている人」がそこら中にいる理由。
・なぜ中国では「ボイスチャット」がつかわれるのか?
・WeChatがフリマアプリに?「不動産の物件」を友達に売る人も。
・お店アカウントのフォローと引き換えに「無料プリンター」を貸し出す

画像1

----------

もはや、中国では「今どき現金なんて持たないよ」というくらい、電子マネー決済が浸透しています。

そこで、中国の2大アプリ「アリペイ(支付宝)」と「WeChat(微信)」について紹介したいと思います。

アリペイ(支付宝)とは??

アリババグループの、アリペイ(支付宝)が提供している、世界最大級のモバイル決済サービスです。

アプリから、相手の電話番号・金額・パスワードを入力するだけで、直接送金することが可能です。

システムはPaypal(ペイパル)によく似ています。ネットショッピングだけでなく、実店舗・飲食店・電気代など、あらゆる支払いに対応しています。

また、アプリから登録が必要ですが、公共料金(水道・電気代)、電話やネット料金、マンションの管理費、市の税金なども支払い可能です。

さらに、アプリでお財布の状況も一目瞭然! ほかの「家計簿アプリ」を利用しなくても、アリペイだけで一括管理することができます。

画像2

街のお芋屋さんも「アリペイでQRコード決済」

アリペイに登録すると、お金の受け取りができる「QRコード」が発行できるため、屋台やリアカーのピクルス売りまで、アリペイを設置しています。

最近、わたしが見かけたのは、市場のお芋屋さんです。雑多に並べられた野菜の中に、アリペイの「QRコード」がはさまれています。

みんな、これをスマホで読み取ることで、お芋を買っていくんですね。

画像3

画像4

お釣りがないときは「アリペイで受け取る」ことも。

逆に、相手に「自分のQRコード」さえ読み取ってもらえれば、スマホのアプリでお金を受け取ることも可能です。

例えば、わたしがローカル店で買い物したとき、お店の人が「お釣りの紙幣」を切らせていたことがありました。

そのときはアリペイを利用して、お釣りを受け取ることに(笑) それくらいローカル店でも、スマホ決済が当たり前になっています。

画像5

偽物の多い「中国のネット通販」でアリペイが便利。

中国のネットショッピングでは、偽物だったり粗悪品を送り付けられることが、しばしばあるんですね。

とくに、10〜20個まとめて注文すると、1〜2個不良品が混ざっていたり...。

そういうときに、アリペイをつかうと安全です。なぜなら、商品を確認するまでは、店舗への支払いを保留にすることができるから。

わたしも以前、お土産に「黒い革製のポーチ」を10個注文したところ、うち2個がカビだらけで真っ白だったことがありました。新品なのにカビだらけ…。

販売店に連絡すると「洗えば落ちるよ」との回答。ありえない対応に怒りつつ商品を送り返し、代わりのポーチが届くまで、支払いを保留にすることに。

そういった形で、もし商品が気に入らないようなら、返金(返品)することができるので、アリペイのおかげで安心して、ネット通販がたのしめています。

---------

「WeChat(微信)」とは??

この続きをみるには

この続き: 1,774文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

また読みにきてください!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。