オシャレ料理をスマホで撮っていると「そういうのアジア人ぽいね」と言われる。日本とスイスでの「自撮り文化」の違いを留学生に聞く。
見出し画像

オシャレ料理をスマホで撮っていると「そういうのアジア人ぽいね」と言われる。日本とスイスでの「自撮り文化」の違いを留学生に聞く。

スマホユーザーインタビュー。東京のアイさん(大学生 21歳)つかっているスマホはiPhone5s。

画像1

アイさんはスイスに留学されていたそうですが、スイスの「スマホ事情」について教えていただけますか。

はい、1年間スイスのジュネーブに、留学に行っていました。まず、スイスで感じたのは日本よりもwifi環境が良いことですね。

無料のwifiスポットがたくさんあって、街中にいれば電波には困らないんですよ。駅、公園、バスの中、スタバ、マックとか。

スイス人の「スマホの使い方」で印象的だったことはありますか?

スイス人は「自撮り」をすごく撮ります。なぜか図書館でいきなり自撮りをしはじめたと思ったら、スナップチャットで送っていたり。笑

ただ、レストランに行ったり、旅行にいったりしたときは、あんまり写真を撮らないんですよね。それはちょっと不思議でした。

日本人ってレストランで「料理の写真」を撮るじゃないですか。それをわたしがやってると「そういうの、アジア人ぽいよね〜」って言われるんです。笑

なるほど。

インスタでよく見る写真でいうと、自分でつくった料理や、お菓子の写真とかを、撮りたくなってしまうのがスイス人です。自分のことを伝えたい。

それに対して、青山のハンバーガー屋さんで、オシャレな料理の写真を、撮りたくなるのが日本人、という感じですかね。見たものを知らせたい。

そして、ソロとかカップルで撮るのが好きなのがスイス人、わいわい友達と撮るのが好きなのが日本人、そういう傾向があると感じました。

画像2

スイスの大学生は、どのSNSで連絡を取るんですか。

この続きをみるには

この続き: 1,381文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

また読みにきてください!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。