ゼンリーで「睡眠も共有」寝てるかどうかを確認してから通話する。女子大生に聞く位置情報アプリの使い方と、Googleだと「検索できない」からTikTokでレシピを探す話
見出し画像

ゼンリーで「睡眠も共有」寝てるかどうかを確認してから通話する。女子大生に聞く位置情報アプリの使い方と、Googleだと「検索できない」からTikTokでレシピを探す話

2名のスマホユーザーにインタビューしました。

目次:
1、ゼンリーで「友達が寝てるか」確認してから通話している話
2、家の中でビデオ通話つないで「リモート育児」している主婦の話

※このシリーズは定性調査を通じて、ユーザー行動や隠れたニーズを学ぶことを主目的としています。全体を正確に調査したものではありません。

1、女子大生に聞く「位置情報アプリ」の使い方と、Googleで「検索できない」からTikTokでレシピを探す話。

※ 東京都のシマネさん(21歳 大学生 女性)

○ ゼンリーで「友達が寝ているか」確認して通話する

画像2

位置情報アプリの「ゼンリー」を3年つかっています。地元の友達、大学の友達、アルバイト先の人、全部で20人くらい入ってます。

最近ゼンリーに「睡眠機能」がついたんですよ。これをみると「友達が寝ているか、起きているか」がわかるんですね。完全に寝ているアイコンと、寝ているかもしれない、というアイコンがでます。

わたしは「夜型の人間」で、夜中まで起きてることが多いんですけど、深夜に友達と電話したいなと思ったときに、起きてるかわかると便利です。

あと、バイトで早朝シフトに入ることがあって。5時起きなのに友達に「睡眠マーク」がついると「寝てるのかな?」と気づけます。

友達が寝ているとわかれば、鬼電かけて起こしたりできるじゃないですか。だから、そういうときは便利なのかなと思いますね。

画像19

Zenlyゼンリー睡眠機能

○ ゼンリーの利点「連絡しなくても無事を伝えられる」

画像3

わたし、あまり連絡がつかない人なので、メッセージを毎回返さなくても、位置情報を共有しておけば、心配かけなくて済むのは便利です。

メッセージ返すのは面倒、何も返さない、それでもゼンリー見てくれれば、「無事だよ」と一応は伝えられるじゃないですか。笑

あと、ゼンリーを入れておくだけで、地元に帰ったときに「あそぼう」と声をかけてもらえる。そういうのは便利だなと思います。

位置情報を隠したくなるのは、バイトを代わってもらうとき。「用事があるから」と代わってもらって、ディズニーランドには行きづらい。笑

やっぱり、そういうプライベートは見られてしまうので、仲良い子とだけつながるようにはしています。

画像15

この続きをみるには

この続き: 2,164文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。