腹がへったらカレーメシ__日清カレーメシ_

人気商品「カレーメシ」は佐藤可士和の魔法でよみがえった商品だった。

日経MJ5/12にカレーメシの記事がのっていた。

・「カレーメシ」は実は新商品ではなくて、リニューアル商品だった。
・当初「カップカレーライス」という名前で売られていたが、「カレーライス」じゃないと批判をうけ、ネーミングとコンセプトをリニューアルした。

ヨシダソースの創業者の本で「チャイニーズソース」というパイナップルを配合したソースを売り出したらまったく売れず大失敗したけど、商品の中身はほぼ変えずに、「ハワイアンバーベキューソース」としてトロピカルなラベルに張り替えたら大ヒットした。という話を思い出した。

なお、現代広告の父、デビッド・オグルヴィの「ある製品の販売を増大させるベストの方法は、その製品を改良することだ」という言葉もあわせて紹介されていた。

「なるほど、そうだったのか〜」とおもってググってみたら、こんな記事を見つけた。佐藤可士和プロデュースだった。

日清がカップカレーライスをわずか半年で見直し 「カレーメシ」に改称し4月リニューアル

つまり整理すると、こうだ。

2010年に「カップヌードルごはん」を発売し人気に。

その流れで、2013年9月に「カップカレーライス」を発売。

「これ、カレーライスじゃないじゃないか!」とツッコミが入る。

2014年4月に「カレーメシ」にリニューアル。(佐藤可士和プロデュース)

大人気商品に。

グーグルトレンドで「カレーメシ」と「カップカレーライス」を比較してみても、断然「カレーメシ」が話題になっていることがわかる。

佐藤可士和さんのデザインしたセブンのコーヒーサーバーが、シールをべたべた貼られてめちゃくちゃにされている。みたいな話のイメージが強かったけど、すごい人なんだね!

#セブンカフェの様子 が各店舗の工夫いっぱいで面白いより。




ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

また読みにきてください!
5
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。