見出し画像

海外のYoutuberはどのように稼いでいるのか、年間1,000万円以上稼ぐ女性も。

海外のYoutuber(ユーチューバー)が、
どのように収益をあげているかという記事があったのでメモ。

Olga Kayさんという人は年間10-13万ドル(ざっくり1000-1300万円)の収益をあげているとのこと。購読者は75万人で、複数のチャンネルで1週間に10-20の動画をアップしている、編集担当もいるそうだ。

Youtuberの主な収益源についても述べられていたので、ざっとまとめ。

1、アドセンス

ブログなどでもお馴染みのGoogleのアドセンス広告の収益。YouTube45%:ユーチューバー55% という比率らしい。

日本の記事をググった感じでは1PVで0.1-0.2円くらいみたい。
以下は管理画面のサンプル画像とのこと。

2、ブランド(スポンサー)契約

企業とブランド/スポンサー契約をする、YouTubeでは、Youtuberが企業とブランド契約を結ぶときには、動画1,000再生につき、企業から75-100ドル(7,500-10,000円)の料金をもらうことを推奨しているらしい。

「1動画再生で7-10円くらいの広告価値はあるよね」という目安ということですね。Olga Kayは動画1,000再生につき7,500円の料金にしているらしい。

3、商品をつくって売る

芸能人がグッズとかブランドつくるように、
Youtubeチャンネルにトラフィックが集まるようになったら、
読者が欲しがる商品をつくって売ればいいよねという話。

VlogbrothersはTシャツ販売、Michelle Phanは化粧品ブランド、
Olga KayはMoosh Walksという靴下ブランドを立ち上げるなど。

4、トラフィックを保有メディアで送りあう

例えば、人気ブロガーならブログ⇒Youtubeにアクセスを送ったり、
Youtubeで人気がでたらブログもつくってアクセス送るなどして広告収益を増やすという方法。

5、アフィリエイト

商品紹介動画をつくってアフィリエイトリンクにとばして収益を得るという方法、ブログとかでもお馴染みだけど、Youtubeだとamazonアフィリエイトに飛ばしているパターンが多い気が。

YouTuberが好きな物を紹介し商品の売上によってアフィリエイト収益を得られる、「Subblime」というプラットフォームもあるらしい。

動画アフィリエイトって(単価高めの)ガジェットとかと相性良さそう。


個人的には2の「ブランド・スポンサー契約」が狙い目かなと思う、
狭い範囲でナンバー1になれば(「イケてる文房具しか紹介しないYoutubeチャンネル」みたいな)少数だけどいい広告主がつくようになるのではと。

ノージャンルでやるよりも、特化型でやったほうが間違いなく収益化のハードルは下がる気がする。

Vineやる人をVinerとか呼ぶみたいだけど、ショート動画もこれから熱くなるのだろうか。

参考記事:http://blog.zefr.com/2014/how-youtubers-make-money/

ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

ご参考になるところがあれば幸いです!
9
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/

こちらでもピックアップされています

参考
参考
  • 167本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。