写真_2014-07-21_18_06_40

アジアで放置系っていけるのかな?香港と台湾で人気の「たまごっち+放置系」なアプリ「Little Evolution World」。

珍しく海外のAppStoreで放置系っぽいゲームを見つけた。日本ではかなり乱立している放置系ゲームだが、実は海外ではほとんど見かけない。

理由としては、(1)日本市場の広告収益の高さ、(2)キモ系キャラがツイート&ネット拡散されやすい、(3)いまだに通用するブースト、(4)ほぼほぼテンプレ化され構築が簡単、この4つの条件が当てはまることで収益を回収しやすいゲームジャンルになっているから。

今回見つけたのはこれ「Little Evolution World」、香港AppStore3位、台湾AppStoreで12位と台湾と香港でランキング入りしている。

中身はたまごっちっぽい放置系という感じ、スクショはる。(なお日本語にもローカライズされているが、自動翻訳のやっつけローカライズなのでカオスなことになっている。)

■太陽くんに「クリーチャーに食べ物を与えて進化させよ」的なことを言われる。

■放置ゲーぽい育成ゲーム。エサを置くと勝手にたべる。(エサは3種類、肉と葉っぱと、なぜかウンコ)

■放置しているとエサが供給される。ナビゲート役の太陽はやたら「ああ、ああ」っていう。

■ゲージがマックスになると進化。

■3段階目くらいまで進化させたけど、日本のアプリみたいにキモい感じにはならないっぽい。

■分岐があって、何周もして図鑑を埋める感じかな。

結論は特にないのだが、海外で放置系がランクインしていたのが珍しかったのでメモ。収益モデルについては、広告はたまに全画面広告がでるのと、アイテム課金(エサの供給スピード上げるなど)もあって、日本のゲームより課金に寄せている感じがした。

このLion Birdというデベロッパーはけっこう放置ゲームだしているみたい、日本の放置ゲームもアジアとかなら流行る可能性もあるのかもしれないね。



ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

読んでいただきありがとうございます!
1
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。