見出し画像

アメリカ人と結婚するならiPhoneユーザーにすべき。Androidより年収200万円も金持ち。

コムスコアのアメリカのiPhoneとAndroidスマホの統計をメモ。

■トータルのアプリユーザー=iPhone6,200万人:Android7,600万人

パーセンテージにするとiPhone45%:Android55%というかんじですね。

■年齢の中央値=iPhone40歳:Android40歳

アメリカでは年齢は変わらないみたい。日本だとFastaskさんのデータおみるとAndroidのほうが年齢層が高めに見えるよね。↓

■収入の中央値=iPhone85,000ドル(約850万円):Android61,000ドル(約610万円)

アメリカではiPhoneユーザーのほうが金持ち(≒ 有料アプリも買う、課金率、課金額もたかい?)。日本では何買っても実質0円みたいな感じだし関係ないんでしょうか。

これは日本でいうと「ふつうの掃除機の家庭とルンバのある家庭比べたら、ルンバの家庭のほうが年収高い」みたいにイメージすればいいんだとおもう。

アメリカには「合コンでiPhoneもっている男と結婚するべき5つの理由」みたいな記事もあるのでしょうか・・・。

■アプリ使用時間(月)=iPhone64時間:Android55時間

iPhoneのほうがアプリをつかう時間が長い。端末の性能が高い=通信が早い=アプリをたくさん落とす、という感じかな?良いアプリはiPhoneのほうが多いから?とにかくiPhoneユーザーのほうがアプリをつかうと。

元データはこちらから見れます。
参照:https://www.comscore.com/Insights/Data-Mine/iPhone-Users-Earn-Higher-Income-Engage-More-on-Apps-than-Android-Users


ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
2
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。