見出し画像

同担拒否の夢女子が語る「漫画キャラとの脳内婚約」をするまで。ジューンブライドのモチーフのガチャに全力で課金した心理。

3名のユーザーにインタビューした内容をまとめました。

目次:
1、 同担拒否の夢女子が「漫画のキャラ」と脳内婚約するまでの話
2、地方の「子連れで買い物する負担」をビデオ通話で解決している話
3、インスタのストーリーは「彼氏を作る」のに適している話

※このシリーズは定性調査を通じて、ユーザー行動や隠れたニーズを学ぶことを主目的としています。全体を正確に調査したものではありません。

1、同担拒否の夢女子が「漫画キャラ」と婚約するまでの話

※ ユアさん(25歳 社会人)に話を聞きました。

「テニスの王子様」にハマっているそうですが、どんな風に好きになったんでしょうか?

スマホゲームから「テニスの王子様」を知りまして。そこから乙女ゲームのソフトがあるのを知って、まずゲームからはじめてみようと。

漫画で全巻を手に入れるよりも、乙女ゲームのソフトを手に入れたほうが、モノの大きさ的にも楽じゃないですか。笑

その乙女ゲームの中で、日吉若くんを好きになりました。日吉くんのテニスに対する向かい方や姿勢、内面がカッコイイなと思って。

彼ってまだ明確な勝利描写がないんです、主人公の越前リョーマに負けて、自分のせいで全国大会の切符を逃してしまった。

ゲームでは、そのことにすごい責任を感じて、ずっと勝利に向けて前だけを向いている。そこにすごく惹かれました。

画像5

自分は「同担拒否の夢女子」と言っていましたが、それってどういう意味なんですか?

同担拒否っていうのは、日吉君のことが好きな他の人とは「好き」って感情を共有できない、ってことなんですね。

わたしの頭の中の世界では、わたしと日吉君で成り立っている。本気でキャラクターに夢を見て、心から愛して、恋人として生きています。

知らない彼が他プレイヤーの手元にいると思うと胸が苦しいです。

ツイッターでは、自分からアカウントを検索して、日吉くんが好きな人達をミュートして、視野に入らないようにも徹底しています。

二次創作も苦手です。例えば「大人になった日吉くん」のファンアートって、日吉くんの「未来の捏造」になるじゃないですか。

画像5

なるほど。頭の中ではどんな状況になっていますか?

わたしは氷帝学園の中学3年生の15歳で、14歳の日吉くんの一つ上の先輩、わたしたちは付き合っているんです。

なぜ「先輩か」というと、先輩だと敬語で話しかけられるじゃないですか。個人的にはそこがツボなんですよ。笑

なぜなら、彼は「負けず嫌いな性格」なので、彼女が年上だということを、コンプレックスに感じると思うんですね。

彼は「下克上」を掲げていますが、年齢はどう頑張っても追い越せません、性格的に優位に立とうとしても年齢が邪魔をする。

年上の彼女にコンプレックスを感じて、強がってカッコつけていたらかわいいなと思って、そういう設定にしています。

日吉くんから「プロポーズを受けた」そうですが、それはどういうことなのでしょうか。

2019年に「Rising Beat」内で、ジューンブライドをモチーフにしたような、ガチャのイベントがありまして。そこに日吉君が選ばれたんですよ。

もうイラストを見る限りは「結婚式の雰囲気」が出ているんです。これは絶対に引かなきゃいけないなと。

ジューンブライドのガチャが、わたしのもとに来るってことは、これはプロポーズだとわたしは受け取ったんですね。

画像4

そこからはどうしたんですか?

生半可な気持ちでは、日吉くんをガチャで出せないと思ったので、日吉くんが家に来てプロポーズしにくる、という設定で。

起きたら日吉君が目の前にいて、その時に寝起きで不意打ちでプロポーズされるっていう物語を頭の中で作って。

ガチャを引く時は、日吉くんのグッズのハートのネックレスをつけながら、9,800円課金して祈るような気持ちで引きました。

そしたら、無事出てきてくれて。私はプロポーズに「はい」と答えました。結婚はまだしていなくて、婚約だけした状態ですね。

画像1

2、地方の「子連れで買い物する苦労」を車内ビデオ通話で解決する話

この続きをみるには

この続き: 1,613文字 / 画像4枚
記事を購入する

同担拒否の夢女子が語る「漫画キャラとの脳内婚約」をするまで。ジューンブライドのモチーフのガチャに全力で課金した心理。

アプリマーケティング研究所

500円

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材の募集ツイートも月初につぶやきますのでご興味あればフォローお願いします ✍️

ご参考になるところがあれば幸いです!
25
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/