リアル店舗を出したら「EC売上が2倍に」BitStarが語る、リアル店が「ファンの熱量」を高める装置になり、EC売上1,000万円が初日で跳ね返ってきた話
見出し画像

リアル店舗を出したら「EC売上が2倍に」BitStarが語る、リアル店が「ファンの熱量」を高める装置になり、EC売上1,000万円が初日で跳ね返ってきた話

番外編として、クリエイター事務所などの「BitStar」さんを取材しました。

画像1

※ 株式会社BitStar 代表取締役 渡邉拓さん

BitStarの「最近の業績」について教えてください。

渡邉:
もともとは、インフルエンサーと企業をマッチングする「広告の事業」からはじめたのですが、現在では新規事業も成長しています。

プロダクション事業やメディア事業など、新規事業の月商だと2億円くらいまで伸びてきていますね。売上比率は広告事業が一番大きいです。

画像3

最近に「うまくいった施策」はありますか?

渡邉:
BitStarの所属クリエイターのグッズを販売する、リアル店舗を渋谷に出店したところ、元々あった「ECの売上」が2倍くらいに伸びたんですよ。

つまり、店舗を出したら「ECの売上」が急増したんです。もちろんリアルの店舗も盛況でしたが、オンラインの売上としても跳ね返ってきた。

ECの売上は「初日で1,000万円」を超えていて。想定では「初日に300〜400万円」だったので、ものすごい反響でしたね。

画像4

画像2

※ 渋谷に「2B CONTINUED」というポップアップショップをオープンした。BitStarに所属している人のグッズなどが買える。

どうして「ECの売上」が伸びたんでしょうか...?

渡邉:
なぜかというと、リアル店舗が「聖地化」したからだと思います。リアルの店舗が「ファンの熱量」を高める装置として機能したんですね

ファンの人たちは来店記念として、そこを聖地としてSNSに写真をあげる。クリエイターへの「お祝いの気持ち」もあるから熱量も高くなる。

インフルエンサーも自分のグッズの店なので、YouTubeやSNSで熱心に告知してくれます。インフルエンサーの友達を呼んでくれる人もいました。

その熱量がSNSを通じて、リアル店舗に来れない人にも伝わって、ECの売上につながったのかなと。つまり、リアル店舗の隠れた価値って「熱量を生む起点になること」だったんです。

最近は「もうオンライン完結でいいね」という話も増えていますが、店舗の価値が再認識されるケースも増えそうだと感じました。

ECサイト

BitStar 初期の成功事例 ①「住所を貸したら登録増」

渡邉:
2015年頃、インフルエンサーがファンレターを受け取りたいということで、自宅は公開できないから、住所を貸してほしいニーズがあって。

そこで、事務所の住所を無料で貸してあげたら、200件くらい一気に荷物が届いてオペレーションがパンクしてしまいました。

ただ、おもしろいことに「住所を貸したこと」が起点になって、実は裏ではインフルエンサーの登録が増えはじめました。

なぜかというと、住所を貸すということは、動画の中で「送り先はBitStar」とみんな紹介してくれるからです。

そこから、事務所の認知度が上がって、インフルエンサーの登録が増えて、意図せずグロースハックのように機能していました。

画像5

※ 住所のニーズは強かったので、現在は「Prebo」としてサービス化した。宅配会社のAPIと連携することで、住所非公開&匿名配送でインフルエンサーがファンレターなど受け取れるサービス。

BitStar 初期の成功事例 ②「概要欄への記載で売上増」

渡邉:
これも2015年頃に、BitStar経由でのタイアップには「BitStarでマッチングした案件です」のように、概要欄に記載してもらうようにしたんです。

すると、動画の概要欄をみた企業からのタイアップの問い合わせが増えて、インフルエンサーからの登録も増えました。

企業さんからお仕事をいただきつつ、BitStarの宣伝効果につながったので、これも良い仕組みだったと思います。

最近の「YouTubeのトレンド」があれば教えてください。

渡邉:
最近はYouTube ショートに「短い動画」をあげて、再生数や登録数を伸ばしているクリエイターも、増えていると感じますね。

ぽるぽるふぁみりーでは、600万再生を超えるものがあったり、きゅっぽんちゃんねるでは、100万再生を超えるものがあったり。

YouTube ショートは収益が入らないので「登録者の獲得」が目的です。最近はクオリティの高い動画と、ショート動画で二極化しています。

※ YouTube ショートは、YouTubeホームに専用枠が出てくるため、そこからTikTokのような感覚で動画が再生されやすい。

YouTubeで伸びはじめるキッカケがあれば知りたいです。

渡邉:
コンテンツをピボットすること。投稿する「コンテンツの軸」を変えた途端に伸びるクリエイターって結構いるんですよ。

例えば、きゅっぽんチャンネル(チャンネル登録 20万人)は、カップルチャンネルになってから、一気に伸びはじめました。

ゲーム実況でも「特定のゲーム」で伸びなくても、フォートナイトをはじめたら伸びたケースもあります。タイトルの選定は重要ですね。

とくに「トレンド初期」に乗れると伸びやすいです。飽和後にはじめても、ゲームが上手い人が既にたくさんいるからです。

取材協力
株式会社BitStar:https://corp.bitstar.tokyo/
BitStar 渡邉 拓さん(@TakuWatanabe

【告知】BitStarさんでは採用募集中。編集者や動画クリエイターなど。ご興味ある方は下記サイトよりどうぞ。


☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

また読みにきてください!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。