見出し画像

20代ユーザーが語る「心の賞味期限」の話。通販は「気持ちが熱いうち」に届けてほしい【漫画】

スマホユーザーに聞いた話を漫画にしてみました。

画像1

画像2

パッと花火のように気持ちが高まって、購入するタイプの商品は、この購入心理が当てはまりやすいのかもしれません。

「Amazonでティッシュを買う」のような必要性を満たす通販よりは、「この服がカワイイから買う」のような心を満たす通販に当てはまりそう。

ブランド服を「予約注文」で買ったは良いけれど、2ヶ月後には気持ちが冷めてキャンセルしてしまった... という意見も聞いたことがあります。

ちなみに、韓国の若者に人気の通販アプリ「ABLY」では、商品が届くまでの平均日数も、通販ページに表示されるようになっています。

「なぜそうなっているの?」とユーザーに聞くと、
・韓国人はせっかちなので早く届けてほしいニーズが強い
・韓国は配送が発達しているので遅いと不満に感じやすい

といった意見が挙がりました。電車が時間通りにくるのが当たり前だと、たった何分か遅れているだけで、ちょっとイライラしてしまうように、

配送サービスが発達して「早いのがデフォルトだ」という世代にとっては、また感覚が変わってくるのかもしれません。

画像3

ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

ご参考になるところがあれば幸いです!
37
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。