見出し画像

海外アプリ#1 お金を数えるクッキークリッカー「Make It Rain」

アメリカ、ルーマニアでAppStore総合1位、カナダ、イスラエルでAppStore総合2位を獲得している。クッキークリッカーって「日本からのアクセスが死ぬ程多くてびびった」ってあったけど海外ではそこまで流行らなかったのかな?

基本的には札束をスワイプではじいて、どんどんお金をとばしていく。(これがクッキークリッカーのクリックと一緒の部分)なぜかムダにフラットデザインが美しい。

【追記】マサユキさんに教えていただき気づいた、お札がちゃんと国ごと(日本は千円札)にローカライズされているのか、芸が細かい。

設備をどんどん増やして勝手にお札がふえるようにするというシステムも、一緒。レベルの概念もあるところも同じ。マネタイズモデルとしては広告はでなくて、設備投資に必要なアイテムを購入する感じ、つまりソシャゲと一緒で「ゲームを早く快適に進めたかったら課金せよ」

アプリっぽい仕組みとしては、インセンティブを与えてユーザーにアクションをしてもらう仕組み。いわゆるリワードがはいっている。

たとえば、
・Facebookに連携させると、お金を稼げるスピードが2倍になったり
・2人友人を招待すると稼げるお金が2倍になったり

なぜこれが流行っているのか謎だが、割と長いことアメリカのAppStoreの上位に君臨しているのでメモ。海外のカジュアルゲームっておしゃれだよね。



ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

ご参考になるところがあれば幸いです!
5
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。