見出し画像

「画像を変えただけで、ダウンロード率が17%アップ」アプリストアのABテスト事例。

アプリストアのスクリーンショットのABテストデータメモ。「Škoda LittleDriver」という子供向けのドライブアプリの事例です。

3パターンのスクリーンショットを作成

まず3つのスクリーンショット(B,C,D)をつくった。オリジナルはAで、B,C,Dは背景変えたり、ユーザーの手を入れたり、派生デザインたち。

ダウンロード率は「B」が一番良かった。

それぞれのデザインのスクショのページに、300アクセスずつくらい流してみたところ、以下の様な結果になった。

「ダウンロードボタン」のクリック率
A:43%、B:50%、C:33%、D:48%

最悪の「C」と最高の「B」を比べると、ダウンロード率に17%もの差が出ている。スクリーンショットを変えただけなのに。

「2枚目以降のスクリーンショット」は見ない。

いずれのデザインも「スクリーンショットを2枚目以降まで見た人」は平均17%だった。つまり6人に5人は「1枚目のスクリーンショットしかみない」。

スクショを2枚目以降もみたユーザー率
 A:18%、B:21%、C:11%、D:16%

ちなみに「アプリの説明文(ディスクリプション)を、すべて読んだユーザー」は1%しかいなかったとのこと。

まとめ

・スクリーンショットのデザインをすこし変えるだけで、ダウンロード率が17%も変わることがある。複雑なデザインや構図にするのは避けるべき。

・力を入れるのであれば「1枚目のスクリーンショット」だけでもOK。「2枚目のスクリーンショット」まで見ているのは、6人に1人くらいだから。

・説明文を100%読んでいる人は1%しかいなかった。説明文の改善をがんばるならスクリーンショットを頑張ったがいい。

・このABテストは海外の「SplitMetrics」というツールをつかって、擬似的なAppStoreページをつくり、そこにFacebook広告でアクセスを流して実施。

参照:http://bambooapps.eu/blog/current?id=49# (エストニアの「BAMBOO APPS」というアプリ開発会社のブログより)


ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

読んでいただきありがとうございます!
5
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。