見出し画像

献立作成のデフォルト日数を「1日→7日」に変更したらロイヤルユーザー数が2.3倍に。140万DLの献立アプリ「ミーニュー」の改善

献立アプリの「ミーニュー」さんを取材しました。

画像1

※ 株式会社ミーニュー 代表取締役 三宅 伸之さん

「ミーニュー」について教えてください。

三宅:
最長で1週間の献立がつくれるアプリです。2014年の6月に公開、現在までに140万ダウンロードされています。

最初は、自分で2年間料理をつくってみて、毎日つくった料理をブログ上にアップして、ユーザーの心理を理解することからはじめました。

思えば、時間はかけ過ぎなんですけど、何を考えて何を悩んでいるのかを、納得してアプリをつくれたのはプラスでした。

ブログを書くと「反応」でニーズがわかります。忙しい人には「見栄えより手軽なレシピ」など、体感として理解できたのがよかったです。

画像2

うまくいった施策①「オリジナルレシピの開発」

三宅:
2020年に「オリジナルレシピ」を導入したことです。小さなお子さんのいる家庭でもつくりやすい、レシピを開発したんですね。

結果としては、ほかのレシピと比較すると、オリジナルレシピは「明らかに採用率が高い(編集率が低い)」というデータが出ました。

これは、成果の見えにくい施策かなと思ったのですが、想像していた以上にユーザーの満足度に貢献しましたね。

オリジナルレシピは、管理栄養士さんと一緒に「工程は3工程以内」など、基準を固めてから、レシピ開発が得意な方につくってもらいました。

画像7

うまくいった施策② 「献立作成のUIを変更した」

三宅:
2020年3月に「献立作成のUI」を変更したことで、ユーザーが「献立を作成してくれる日数」が大幅にアップしました。

デフォルトで「1日毎に献立をつくるUI」から「7日毎に献立を作成するUI」に変えたところ、ロイヤルユーザー(45日間に30日以上つかった人)が、2.3倍に増えるという結果にもなりました。

小さなお子さんのいる家庭では、週末に1週間分まとめて買い物をしている方も多いので、1週間サイクルをデフォルトにするべきでした。

画像7

画像5

画像6

うまくいった施策③ 「親子ニーズに絞ったらDAU増加」

三宅:
去年から、対象を「小さいお子さんがいる家庭」に絞ったことで、特徴がわかりやすくなり、メディアでも紹介されやすくなったと感じます。

具体的には、親子向けの「おやこども献立」のリリース、先ほどの「1週間毎の献立サイクルへのUI変更」などです。

ターゲットユーザーを絞ると、ユーザーが減ってしまう印象もありますが、逆にこの1年でDAUが3倍に伸びました。 ※ 2020年7月 → 2021年6月

失敗した施策 「求められていないコミュニティ機能」

三宅:
2014年の初期に「ほかの家庭(数千)の献立表をみることができる」というコミュニティ機能をつけたところ、ほとんど使われませんでした。

仮説としては、【1】他の利用者の献立も見たい 【2】主婦はほめられることが少ないので「毎日料理すること」を評価してほしい。でしたが、

実際には、コミュニティ機能は求められていなくて、ただただ「生活効率を高めるツール」としての、献立アプリが求められていました。

画像7

緊急事態宣言で増えたユーザーが定着しなかった話

三宅:
最初の緊急事態宣言のときに、新規ユーザーの流入が20%増えたのですが、緊急事態宣言で入ってくるユーザーは、継続率が低かったんですね。

具体的には、1週間くらいは継続してくれるのですが、3ヶ月くらいで見ると継続率がめちゃめちゃ低かったんですよ。

つまり、短期の必要性に駆られて使いはじめたけど、結局は「日常の生活」に戻ってしまったことで、使わなくなってしまったのかなと。

-----

ミーニュー:https://menew.jp/
ミーニュー 三宅さん(@no_buzi

【告知】ミーニューさんではPMやエンジニアなど採用中。ご興味ある方は下記のサイトよりどうぞ。



☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。次回の取材の募集は【8/5前後】の予定です。ツイートでお知らせします ✍️

いいね嬉しいです、ありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。