20171227_Slide_Eのコピー333

フォートナイト 1,800億円、ポケGO 1,400億円、FGO 1,200億円、基本無料ゲーム収益ランキング(2019世界)

調査会社のSuperDataさんが、2019年の世界ゲーム市場についてのレポートを出していたので、簡単にメモしておきます。

世界の基本無料ゲーム収益ランキング2019(ざっくり)

1位:Fortnite 1,800億円(18億ドル)
2位:Dungeon Fighter Online 1,600億円(16億ドル)
3位:Honour of Kings/ Arena of Valor 1,600億円(16億ドル)
4位:League of Legends 1,500億円(15億ドル)
5位:キャンディークラッシュ 1,500億円(15億ドル)
6位:ポケモンGO 1,400億円(14億ドル)
7位:Crossfire 1,400億円(14億ドル)
8位:Fate/Grand Order 1,200億円(12億ドル)
9位:Game for Peace 1,200億円(12億ドル)
10位:Last Shelter: Survival 1,100億円(11億ドル)

20171227_Slide_Eのコピー333

基本無料ゲーム(F2P)なので、デバイスはPCとモバイル含めたものです。2018年と顔ぶれは大きく変わらず、FGOとポケモンGOが根強いです。

ここには入っていませんが「Call of Duty Mobile」は、2019年10月のリリースにも関わらず、116億円(1.16億ドル)の収益をあげたとのこと。

この調子でいけば、2020年のトップ10には入ってきそうなタイトルです。

補足:
・Dungeon Fighter Onlineは日本では「アラド戦記」というタイトル
・CrossFireの日本版については2018年3月にて終了している
・Arena of Valorは日本では「伝説対決 -Arena of Valor-」というタイトル。
・Game for Peaceは、ほぼ「PUBG Mobile」の中国バージョン(規制にかからないよう、銃撃表現などがマイルドになっている)

昨年の2018年のデータと比較

同調査による昨年のデータと比較すると、Fortniteの1強状態からトップ10が全体的に底上げされた、という印象でしょうか。

2018年にはランクインした、モンスタとクラロワはトップ10圏外に。ポケモンGOは収益を伸ばして、トップ5入りしました。

画像2

参照1: 2019 YEAR IN REVIEW DIGITAL GAMES AND INTERACTIVE MEDIA (レポート原文 無料DLできます。ゲーム業界の方は参考になると思います)
https://www.superdataresearch.com/2019-year-in-review/

参照2: PUBG → Game for Peaceの話はこの辺りにまとまっています。
https://www.gamebusiness.jp/article/2019/05/10/15734.html
https://www.reuters.com/article/us-tencent-games/tencent-pulls-blockbuster-game-pubg-in-china-as-regulatory-approval-proves-elusive-idUSKCN1SE0CT

※あくまで調査会社による推計値なのでご参考までです。

---

アプリやWEBマーケティング(施策やデータ)の情報収集をしたい方は、「月刊アプリマーケティング」も興味があればチェックしてみてください。

月刊アプリマーケティング
https://note.mu/marketing/m/mc375c9b46464

ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

ご参考になるところがあれば幸いです!
42
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/

こちらでもピックアップされています

Game
Game
  • 1本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。