見出し画像

「動画リワード」は報酬しょぼいとやらない。通信制限になるのもイヤだし。大学生による「育成ゲーアプリ」の正直な感想。

「女子大生にアプリをつかって、正直な感想を聞いてみよう」のコーナーです。今回は「ハムスターコレクション」と「まりも」の2つのアプリ。

アプリ1、ハムスターコレクション

良かったところ1:とてもかわいい

めっちゃ楽しかったです。かわいくて図鑑もぜんぶ集めたくなりました。

ただ、わたし家でハムスター飼っているんですけど、「リアルじゃないな」とは思いました。「こんなところで遊んだりしないだろ」とか(笑)

ちなみに、本物のハムスターって共存できないんです。2匹以上で飼うと、殺しちゃったり。子どもを食べちゃう親とかもいて。

だから、アプリでは幸せそうに暮らしていて、癒されました。もっとハムスター同士が絡んで、キャッキャしてくれたらヤバイですね。

悪かったところ1:動画リワードがしょぼい。

「動画の宣伝」をみると、タネが30コもらえますけど、これは正直しょぼい。最低150コくらい欲しいです。それか金のタネ3つ(笑)

あと「動画のストックがきれた」というときがあったのですが、なんでそうなるのか、意味がわかりませんでした。何回も見れると思っていたので。

スマホは「通信制限」との戦いなので、しょぼいと動画を見る気がなくなります。auだと5GBしかつかえないので。

悪かったところ2:アプリの効果音が大きすぎる。

それと、効果音が爆音すぎるので、もっと小さくしてほしい。イヤフォンつけてやってたときに、かなりびっくりしました。

悪かったところ3:お店の商品がバラバラ

お店の「アイテム」が順番になっていなくて、統一性がないのが困りました。値段が安い順でもないですし。何順なんですかね?

アプリ2、まりも - 水槽で小さなマリモを育てるアプリ

良かったところ1:名前がつけられて愛着がわいた。

名前もつけられることもあって、すこし遊んでいたら、愛着がわいてきましたね。でも、わたしには、このアプリの楽しさはわからなかったです...。

悪かったところ1:楽しさが理解できない。

正直「なんじゃこりゃ!?」と思いました。このアプリをおもしろいと思う人っているのかなって。やることも水をかえるくらいじゃないですか(笑)

あと、この先どうなるのか、ネットで検索しちゃったんですよ。そしたら「大きくなるだけ」ってわかって、あまりモチベーションがわかなかったです。

マニアックなアプリなんですかね? もっと育てると、姿が変わって欲しいですね。その人によって。

そしたら友だちを一斉にアプリ入れて、「わたしのマリモこんなになったよ!」とやりたいです。

ハムスターコレクション」さん、「まりも」さん、ご協力いただきありがとうございました。

アプリ開発者目線でのまとめ

1、動画リワードの報酬がしょぼいと、「通信制限」の怖さが勝ってしまうこともある。もっと太っ腹にすれば、収益性が上がっていた可能性。

2、アプリの効果音やBGMを大きくしすぎない。イヤフォンをつけてチェックしてみることも必要。

3、ゲーム内の「ショップ」では、商品をならべるときに統一させる。値段順にならべるのが一番自然だと思われる。

4、育成ゲームはキャラに「名前」をつけられるようにすると愛着がわきやすい。アプリの継続率に影響するかもしれない。

5、育成ゲームは、ユーザーによって「成長の姿」が変わるようにすると、友だちと一斉にインストールしてもらえやすい。クチコミもされやすくなる。



ツイッターでアプリやWEBプロダクトのマーケティング情報を発信しています📱

ご参考になるところがあれば幸いです!
3
アプリマーケティング研究所というメディアを運営しています。スマホとアプリのマーケティング情報を発信しています。http://appmarketinglabo.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。