アプリマーケティング研究所
ドミノピザのアプリは「ピザを食べる」じゃなくて「ピザづくりを体験する」に変えている。
見出し画像

ドミノピザのアプリは「ピザを食べる」じゃなくて「ピザづくりを体験する」に変えている。

アプリマーケティング研究所

ドミノピザがネットを活用したマーケティングで売上を伸ばしているらしい。おもしろいのが「Its My Wonderful Pizza」というサイトで、自分でピザにトッピングをして注文することが出来ること。実はピザって40~50代に人気があって10代〜20代は未開拓ゾーンなんだそうです。

単純なピザを注文をするという作業が、
オリジナルのピザをたべるというイベントにかわって楽しい。

こんなふうに彩りを考えながらトッピングしたり、
こどもと一緒につくるなんていう使い方もあるとおもう。

そしてもうひとつおもしろいのが、
自分でつくったピザを記録してアーカイブすることができるところ。
「ピザの名前」と「ピザに込められた思い」を残すことができる。

「帰り道で拾ったピザ」とか「ヘルマン革命」とか独創的なピザが色々。
誕生日などの記念日に使う人も多いんだとか。

女性誌とコラボしてモデルがつくったピザを公開したりもしていると。

それと位置情報からピザを注文できるアプリは、
公園で花見をしながらピザを注文するなんていう需要にこたえているんだとか。

ダウンロード数も40万を超えているそうですよ。

 ・「数百万円で制作したアプリが数億円の売り上げ貢献」、ドミノ・ピザのマーケティング部長 

なんていう記事もありますが、 アイディアとネットを組み合わせれば大手企業でもこういう大きな結果をだすことができるんですね。








みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

アプリマーケティング研究所
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。