日本で数百万人がつかう「LINE アバター」LINE新機能の開発の裏側。公開まで2年かけて準備した話とユーザーリサーチのコツ。
見出し画像

日本で数百万人がつかう「LINE アバター」LINE新機能の開発の裏側。公開まで2年かけて準備した話とユーザーリサーチのコツ。

2020年にLINEに実装された「アバター」の開発の裏側を取材しました。

画像10

※ LINE株式会社 ハ・ホングワンさん

「LINE アバター」について教えてください。

LINEで、自分の好きなアバターがつくれる機能(2020年9月に公開)です。LINEのプロフィールやアイコンにも設定することができます。

ユーザー数としては「日本では数百万人」になっていて、今でも想定以上にアバターの利用者数が伸びていますね

リリースから5日間で世界100万ユーザー、1ヶ月弱で世界300万ユーザーに到達するくらい、公開当初からの反響もよかったです。

画像1

画像7

機能リリースまでにどれくらいかかりましたか?

公開まで2年かけて準備しました。開発前にもアンケートやニーズの調査を実施していて、そこにも時間をかけましたね。

現在のアバターの姿にたどり着くまでに、スケッチ段階のものも含めると、30種類以上はテストや検証を繰り返しました。

アバターはコンテンツ系サービスで「最初の印象」が大事です。パッと見て第一印象で気に入られなかったら、それ以上使ってもらえません。

そのため、開発が進んでいたアバターを「ボツ」にしたこともありました。テストの反応がイマイチだったため、最初から作り直したんですね。

開発メンバーには苦労をかけましたが、勇気を持って「作り直し」を選択したことが、その後の成果につながったとも感じます。

画像11

開発中のユーザーインタビューはどう実施していますか?

ユーザーインタビューには2つの段階があります。まず何人か対象を呼んでアバターのサンプルを見せて「どう思いますか?」と感想を聞くこと。

もう少し進むと、実際のアバターがつくれる「デモアプリ」を渡して、それをつかってもらって、フィードバックしてもらっていました。

サンプルから想像してもらうよりは、実際に「自分のアバター」をつくってもらったほうが、具体的でストレートな意見がもらえますね。

調査はさまざまな層に実施したのですが、積極的に意見を集めていたのは、メインのターゲット層である「10〜20代の女性」でした。

10〜20代の女性は、おしゃれに着飾ることに慣れていて、アバターを作成することにも、そこまで抵抗のない方たちです。

画像9

ユーザーリサーチで「意外だったこと」はありますか?

想像したよりも、「可愛くてシンプルな表現」がユーザーに好まれたこと。写実的なものよりは「キャラっぽい表現」が好まれたんです。

ゲームやアニメなど3Dコンテンツは多くありますが、一般的な人たちの感覚からすると「3Dっぽい表現」に、どこか違和感があるようでした。

そこで今のスタイルも、トゥーンレンダリングをして、見た目は線で描いたように見える、3Dだけど2Dに近いような表現にしました。

画像8

リサーチを通して「決めた仕様」があれば知りたいです。

アバターをつくるときは、3体のアバターをレコメンドしているのですが、これは調査で「2タイプのユーザー」がいるとわかったためです。

ひとつは、自分にそっくりな姿が好きなユーザー、もうひとつはより可愛くなった姿が好きなユーザー、比率は「ほぼ半々くらい」でした。

そのため、1種類だけレコメンドするのではなく、複数のアバターをレコメンドして、その人に合わせて選んでもらえる形式にしました。

なお、写真からアバターが生成される機能は、独自に開発したAIエンジンによってアバターを生成しています。

画像2

判断に迷ったけど「このようにしてよかった」と思うところはありますか?

LINEの外部でもアバターが使えるようにするかは最後まで悩んだのですが、外部でも使えるようにして正解でした。

とくにツイッターで拡散が生まれていて、自分の「好きなキャラや有名人」を再現して載せている方を、多く見かけますね。

中には、自分のアバターを「自作のステッカー」にして、ペンケースに貼っている方もSNS上で見かけました。

画像3

アバターの「新規作成数」に貢献した施策はありますか?

提携コンテンツは「新規のアバター作成数」の成長につながりました。

これは、有名なキャラやタレントと提携して、それをLINEのアバターとして表現したりコスチュームがつくれるようにする、というものです。

提携コンテンツからの、流入ユーザーの40%ほどは、まだアバターをつくったことがない人で、そこから新しくアバターを作ってくれました。

台湾では、プロ野球チームとコラボすることで、野球チームのユニフォームがアバターでつくれるようにもしています。

画像10

ほかに「利用の促進」につながった施策を教えてください。

アバターの利用頻度を高める施策としては、ビデオ通話でアバターを使えるようにしたことが、もっとも効果的でした。

拡散の可能性という意味で考えると、プロフィールにアバターを設定してもらうことも、とても大事な経路だと考えています。

プロフィールは一回登録してもらえると、一定の期間は使ってくれるので、より多くのLINEの友だちの目に触れる可能性が高いためです。

画像4

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

また読みにきてください!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。