トレンドのはやい現代では「モノの寿命」よりも「気持ちの寿命」のほうが短い。20代の女性が語る、フリマアプリでいらないものは「捨てるより譲る」意識が高まっている背景
見出し画像

トレンドのはやい現代では「モノの寿命」よりも「気持ちの寿命」のほうが短い。20代の女性が語る、フリマアプリでいらないものは「捨てるより譲る」意識が高まっている背景

3名のユーザーへのインタビュー内容をまとめました。

目次:
1、「モノの寿命」よりも「気持ちの寿命」が短いからモノを捨てずに譲る
2、音楽が「BGM化」している。トレンドの曲は生まれるが深く知らない
3、外食には行かない。「家のコスパ」が相対的に高く感じるようになった

※このシリーズは定性調査を通じて、ユーザー行動や隠れたニーズを学ぶことを主目的としています。全体を正確に調査したものではありません。

①いらないものは「捨てるより譲る」が当たり前に。「モノの寿命」より「気持ちの寿命」のほうが短いから。

※ 茨城県 21歳 大学生 女性

|最近「思ったこと」を教えてください。

わたしは、今の若い人たちは「いらないものは捨てる」から「いらないものは譲る」という考えに、変わっているんじゃないかと感じます。

というのも、実家の荷物をお母さんに「いるものといらないものを分けて。いらないものは捨てるから」と言われたことがあって。

わたしは「え、いらないものなんてない。使わないものはメルカリで売れるかもだから待って」と言うと、お母さんに驚かれたんですよ。

わたしにとっては、フリマアプリでお金にかえられるって知っているから、着ない洋服も昔集めたグッズも、「いらないもの」ではないんです。

|お金以外にも「誰かに譲ろう」と思う理由はありますか?

ものを「捨てる」のではなく、誰かに「譲って」他の人に役立つなら、そっちのほうが良いよねって感覚もあります。

たとえば、服って流行りもありますし、洋服の寿命よりも、わたしの「服への興味や気持ち」のほうが、圧倒的に速く過ぎていってしまうんです。

すると、自分はもう気に入らなくても、誰かが気に入るかもって考えると、捨てるよりは譲ったほうがいいって感覚が強くて。

捨てるって、ものに対して「申し訳ない気持ち」もあって。嫌な気持ちがしないためには、譲るのが一番良いかなと思うんです。

|とくに「これは捨てにくい」と思うものはありますか?

長くつかってたものは、捨てるのに気が引けます。

自分が受験のときがんばってきた参考書を、ゴミにして捨ててしまうのは、自分の努力まで捨ててしまうようで、気が引けてしまいます。

服も穴が開いたものは、捨てちゃいますけど、サイズが合わなくなったり、可愛いのに年齢的に着れない服なら、ゴミにするのはもったいないです。

フリマアプリとか古着とか、そういうものが当たり前になってから、ものに対する考え方も変わってきたのかなと思います。

|なるほど。

これは関係ないのですが、ツイッターで友達が、「雑誌のこの付録はつかわないので無償で譲ります。誰かほしい人いませんか?」みたいなことをしていたんですよ。

これって、お金じゃなくて、友達を作るためというか、誰かとつながるため、仲良くなるために、ものを譲っているって言ってました。

この続きをみるには

この続き: 1,885文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

読んでいただきありがとうございます!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。