見出し画像

リビングに「無加工の写真」を飾らないでほしい。家族アルバムの写真もアプリで加工したい。20代女性の「写真感覚」とマスクの下がプライベート空間に感じる話

アプリマーケティング研究所

何名かの方にユーザーインタビューをしました。

目次:
1、どんな写真でも「データで可愛く加工したい」スマホ世代の心理
2、インスタよりも「TikTokで検索」しまくる20代女性の理由
3、DIY型の「おうち写真スタジオ」で写真の撮影をするママ
4、副業が流行る理由「給料は上がらないのにSNSでほしいと不安が刺激」
5、転職しても「絶対にリモートワークの会社」を選ぶ若者の気持ち

※このシリーズは定性調査を通じて、ユーザー行動や隠れたニーズを学ぶことを主目的としています。全体を正確に調査したものではありません。

東京都の山下さん(20代 女性)

最近「変わってきている」 若者の感覚はありますか?

わたしは、写真館でカメラマンとして働いていて、成人式の写真などを撮っているのですが、今のお客様はほとんどが「データでの購入」ばかりになっていることです。「加工してからSNSにのせたい」というのが理由です。

インスタに載せたいだけなので「データだけ」でいい。事前に加工して「顔の完成度」にこだわりたい。そういう気持ちです。

つまり「記念写真」の目的が、思い出を残すことや成長した姿を見せることよりも「SNSでの見栄え」になってきているんです。

親御さんは台紙やアルバムを希望されます。お母様がよく「加工しなくてもかわいいよ」ともいうのですが、お嬢様は絶対に納得されません。笑

写真館で撮った写真も「加工したい」と思うんですね。

そうですね。加工アプリでの自撮りが普通になっているので、無加工カメラに写る「本来の自分」は、若い子の間では「見慣れない自分」になっているのかなと思います。

なので、撮影中に「こんな感じで撮れていますよ」と、無加工の写真と見せると「わたしってこんな顔してるんだ…」という反応になる方も実際に多いんですよ。頭の中に「理想の自分」がいるのだと思います。

なるほど。そういう気持ちなんですね。

これもみなさん結構言うのですが、今はマスク姿が「日常」なので、マスクを外した顔への「周りからの期待値」が上がっているみたいで。

だから、マスクを外したときに「え?思ったのと違うな」と思われるのが嫌みたいなんですよ。なので「マスクを外したらこれだけ可愛いんだぞ!」ということを見せたいし気にしていると。

最近はリア友もそうですが、SNSにも友達がいるし「マスク姿」しか知らない人が増えています。だから「加工してもバレない」のもあるかなと。

成人式の写真は女性が多く撮りにくるが、10人中8人ほどは「データで買っていく」そう。

ほかにも「よく聞く意見」というのはありますか?

ご家庭とかでよくリビングに写真を飾るじゃないですか。あそこに「無加工の自分を飾られたくない」という娘さんも多くて。

なので、ご家庭に飾るお写真でも「加工させてほしい」と言うんですよ。データを加工して「修正したわたしの顔」だったら飾ってOKですよと。

親御さんは「無加工の記念写真」を望むのですけど、娘さんはアルバムをつくるにしても「データを加工してから印刷してほしい」なんですよね。

画質とかよりも「自分が盛れているか」で、高級感よりも盛れていればいいという感じなので、親子で意見が合わなくなってきているなと。

それを見ると「綺麗な自分を残したい」という気持ちが、「素の自分を残したい」という気持ちに勝ることは、もうないのではと思うくらいですね。

感覚的には「スッピンで撮らないで」くらいの感覚に近い人もいるそう

最近は「マスクを外したくない若い人」もいますよね。

そうですね。わたしも世代は近いので、これはすごく気持ちがわかります。

職場でも、基本的には「マスクをつけた状態」でしか会わないわけなので。そうすると「マスクを外すこと」にも抵抗感が出てきます。

わたしも、職場でマスクを外すのは嫌で嫌で仕方ないです。職場でも飲み物を飲むときには背を向けて飲みますね。笑

2年働いていても、職場で「顔を知ってる人」ってほぼいません。飲み会もないし、見る機会がまったくないです。メイクも全然してないですし。

マスクの生活って2年続いていますし、もともと「知ってた人」ではなくて、若い世代にとっては「マスク姿で出会った人」が多くなるんですよ。

「マスクを外したくない」のはどんな気持ちですか?

日常でマスクをしていると、みんな「この人はこんな雰囲気だ」とか、頭の中で「現実より良い顔」を想像して、イメージするじゃないですか。

そのイメージとの「ギャップ」を見せるのが恥ずかしいのだと思いますね。イメージを裏切って「あれ?なんか違うぞ」と思われるのが怖い。

小学校の運動会でも「マスクを外すのが恥ずかしい」と感じる女の子もいるみたいで。小学生でもそうなんだな、とニュースをみて思いました。

若い人がマスクを外したくないのは、感染が云々ではなくて「見た目の話」なんですよね。マスクしている顔が日常になっているので。

この続きをみるには

この続き: 2,294文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

月刊アプリマーケティング

¥2,000 / 月 初月無料

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

アプリマーケティング研究所
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。