同じアプリを「2つに分身」 中国で分身アプリが重宝される理由と、一流シェフの「有料ライブ配信」がコンテンツになってる話
コマA_seisyo__6_

同じアプリを「2つに分身」 中国で分身アプリが重宝される理由と、一流シェフの「有料ライブ配信」がコンテンツになってる話

中国現地に住んでいる「Nさん」に中国アプリについて寄稿いただきました。

目次ハイライト:

分身アプリ「双開助手」
・同じアプリを"2つに分身"させたい理由
・”分身させる”と便利になるアプリの例
・中国ではSIMカードを2枚使う人も多い

中国のレシピアプリ「下厨房」
・中国版クックパッドのようなアプリ機能
・深夜に15分で届いた爆速「生鮮通販」の話
・一流シェフの「有料ライブ配信」料理教室の感想

1、アプリを2つに分身させられる「双開助手」

スマホ内のアプリをコピー(分身化)することができます。アプリのクローンを生み出して、スマホに「同じアプリが2つある」という状況がつくれます。

無料でコピーできるアプリは5種類まで。有料会員になるとアプリの上限数を増やしたり、同じアプリを2つ以上コピーできたりします。

画像1

※月16.8元(約250円)、年68元(約1,100円)を払うと、有料のVIP会員になることができる。広告も表示されなくなる。

どんなアプリを”分身させる”と便利なのか?

わたしが個人的に”分身させる”と便利だと思うのは、WeChat(微信)です。

WeChatは複数アカウントには対応していませんが、分身させれば「仕事用」と「プライベート用」二つのアカウントが同時につかえて便利です。

また、SIMカードを2枚つかっているため、その使用状況を確認できる、携帯会社のアプリ(チャイナモバイル)も分身させています。

そうすることで、いちいち2つのアカウントで、ログインとログアウトを切り替えなくてもよくなり、とても楽になります。

ほかにも、ゲームアカウントを複数つくってあそぶ人も多いようです。

画像2

なぜアプリを”分身させる”必要があるのか?

なぜ、そんなことをする必要があるかというと、中国ではスマホに「SIMカード」を複数枚入れてつかうのが、わりと当たり前になっているためです。

携帯会社によって、毎年どんどん良い料金プランが出るため、それを基本はプリペイド方式で、いくつも並行して使い分けています。

(簡単にいうと、SIMフリースマホに「ドコモとソフトバンク」のSIMカードが入っているような状態で、ひとつのスマホで番号を二つ持ちます)

もはや、SIMカードが一枚しか入らないと、「いまどき1枚しか入らないの!?(使えないスマホだなあ…)」と思ってしまうほどです。

そのため、2つのSIMカードを持つことにより、アプリも2つ必要になるというわけです。アプリの「サブアカ」を持つような感覚にも近いかもしれません。

画像3

画像4

この続きをみるには

この続き: 1,660文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月7本程のノートをお届けします。マーケティングの事例やデータを学びたい人におすすめです。マネタイズや集客の施策、海外のデータや事例、ユーザーインタビュー等が中心です。蓄積された一部の過去記事は3年分くらい遡って読めます。クレカ決済だと初月無料なのでお試しでもぜひ。

スマホアプリ市場について学べるマガジンです。アプリやプロダクトの売上やユーザー数を伸ばしたい人にオススメです。月に7記事ほどお届けします。

☞ツイッターでマーケティング情報を発信中。取材募集もツイートでお知らせします ✍️

また読みにきてください!
アプリとスマホのマーケティング情報メディアです。漫画やイラストでプロダクト運営や事業の成功事例を発信しています。取材相談や情報提供などはツイッターDM(@appmarkelabo)まで。